2007年01月26日

福和客運の韓国・キア(起亜)製 高速バス

fuhe-2006-12-kia01.JPG

年末の台湾旅行中、数年ぶりに基隆へ行ってみた。
第一の目的は、首都客運の高速バス(基隆〜台北美麗華)に
乗車することであったのだが、その際に偶然珍しいバスを撮
影することが出来た。

福和客運の基隆〜台北(公館〜行天宮)線に、僅か1台のみ
投入されている、韓国・キア製の高速バスである。昨年秋に
台湾人巴士迷の方がHPに掲載されているのを見て、その無
骨なスタイルに一度は見てみたいと思ったものの、遭遇する
確率の低さに半ば諦めていた。

この路線は、基隆を出ると中山高速からフォルモサ(第二)
高速へ進み、台北市内では公館から新生南路→松江路へと北
上して行天宮に至り、その後は中山高速を経由して基隆へ戻
るという独特な経路を走る。
台北市内では北上する一方通行のみというのも、非常にユニ
ークだ。なお運賃は45元均一である。

また、基隆の乗り場が変更されていたたことに気がついた。
以前は歩道橋の手前にある、基隆客運乗り場に隣接した所に
バス停があったのだが、現在は基隆火車站を背にして左手か
ら出るようになっていた。
なお前述の首都客運も福和客運バス停からさらに左(北)よ
りにバス停がある。

fuhe-2006-12-kia02.JPG

この路線の車輌は、数年毎に大きく変動している。当初は
台汽・中興号の中古車を用い、側面にデカデカと基隆⇔台北
と書いていたが、後に前面を現代風に改造し、塗色も真っ赤
なairbus色とした。この車は現在でも一部運用されているほ
か、基隆〜板橋縦貫線(省道経由)でもみかけることがある。

2006年頃からは、運行休止中の台北〜花蓮線に運用していた
スーパーハイデッカーを座席を四列化して投入しており、45元に
しては豪華な感覚を味わうことが出来る。

福和客運は、経営危機に瀕している大有巴士の傘下にあり、
新車を買うことも厳しい状況にあろう。その中で高速バスと
しては台湾唯一のキア製バスを購入するに至った経緯を想像
すると興味が尽きない。

fuhe-2006-12-kia03.JPG


posted by asiabuscenter at 23:54| 台北 🌁| Comment(0) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

和欣客運・朝馬站が移転

2006-12-Hoshin-chaoma01.JPG

画像は2006年12月下旬に撮影した、旧ターミナルの外観です。


台北〜台南などに豪華バスを運行する和欣客運は、2007年1月(23日?)、
台中・朝馬站を移転した。

http://www.ebus.com.tw/news/070124/070124.htm

上のページで紹介されているように、100mあまり西に移転したようだ。
ファミリーマートの裏側には阿羅哈客運の朝馬站がある場所なので、
両者が背中あわせで激突することになる。

また2007年1月2日より、台北〜台中、高雄〜台中の運賃を380元から
350元に引き下げるサービスを開始した。
http://www.ebus.com.tw/news/news_070119.htm

従来の和欣客運・朝馬站は、台湾でも指折りの豪華な発券カウンター
と待合室であっただけに、新ターミナルの待合室などがどう変わったのか
少々気になるところだ。
http://www.ebus.com.tw/projs/2006_5/intro_chaoma1.htm
2006年末に同社の板橋→朝馬を利用した際には気がつかなかったので、
寝耳に水といった感を受けた。

和欣客運では2006年12月5日より、台南・仁徳インターチェンジに、
http://www.ebus.com.tw/news/news_061124.htm
2007年1月5日より彰化インターチェンジに停留所を設けるなど、
http://www.ebus.com.tw/news/news_061230.htm
活発な動きを見せている。
posted by asiabuscenter at 22:52| 台北 ☁| Comment(0) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

尊龍客運のキャンペーン

台北〜台中に二列座席の豪華バスを運行する【尊龍客運】では
1月8日からキャンペーンを行っている。

片道乗車券の購入者には、尊龍客運特製ペンケースを、
往復乗車券の購入者には、ネスカフェ・ゴールドブレンド〜
キャラメルマキアート・コーヒー袋詰めセットがプレゼントされる。

台北〜台中で高速バスを利用される方は、このキャンペーンを機に
乗ってみるのは如何であろうか。

http://www.busad.org.tw/news_01.php?sn=58

余談:焦糖馬其【八/木】珈琲とは、何を指すのかと思いきや、
「キャラメルマキアート・コーヒー」のことを指すそうだ。
posted by asiabuscenter at 22:32| 台北 🌁| Comment(2) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログはじめました

本日より、ブログをはじめました。サイト共々よろしくお願いします。
これを機に、サイトでは迅速に更新することがままならなかった
「台湾バスニュース」のコーナーは、当ブログでお伝えする形に変更
します。

また、サイトのカテゴリーに収まりにくかった話題などを、当ブログ
から発信して行きたいと考えています。

当ブログで扱う内容に関連する話題をお寄せ下さい。

当ブログ管理人、ASIA BUS CENTER
posted by asiabuscenter at 21:12| 台北 🌁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。