2007年02月28日

内湾線代行バス

明日3月1日から台鉄内湾線が改良工事のため、新竹〜竹東間を数年間にわたって区間運休する。これに伴い、新竹〜竹東駅前に代行バスが運行されることになった。
●新竹客運ホームページ(2010年5月時点)
【內灣線交通維持專車時刻表】
http://www.hcbus.com.tw/1149.htm

元来、新竹〜竹東には新竹客運の路線バスが頻発しており、竹東駅が市街地の北外れにあったこともあってバス利用者が多かった。それでも通学生や竹東より奥地からの乗客は存在し、さらに近年では内湾を鉄道で訪ねる観光客も増えている。

代行バスは新竹→竹東駅を所要25分、竹東駅→新竹を30分で結ぶ。平日はほとんどの列車に接続しており、代行バスに接続がないのは、内湾発最終便21:54発→竹東着22:15のみである。

注意が必要なのは休日である。代行バスの運行時間帯が新竹発8:10と遅く、竹東発の最終も17:00と極めて早い。さらに平日と異なり、代行バスと列車の接続も待ち時間が長いダイヤがあるなど、特に新竹側から往復する場合には便利とは言いがたい。

新竹〜竹東には新竹客運の路線バスが10-20分間隔で運行されており、竹東駅と竹東バスターミナルの間は徒歩10分強離れているが、既存のバスも活用する必要があるだろう。

なお、台北から内湾線を訪問する場合には、台北高速バスターミナル〜竹東に國光客運が15-20分間隔で運行している。所要1時間40分程度、運賃は129元であり、利用すると便利だろう。
國光客運、台北発平日時刻表
http://www.kingbus.com.tw/down2.php?li_code=A030350
國光客運、竹東発平日時刻表
http://www.kingbus.com.tw/down2.php?li_code=1D410283


竹東では東寧路の新竹客運バスターミナル付近で降車し台鉄竹東駅まで歩く必要がある。
ラベル:新竹客運 竹東
posted by asiabuscenter at 18:40| 台北 ☁| Comment(2) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

飛狗巴士、竹東線運行再開?か

久々に飛狗巴士のホームページをチェックしていたところ、竹東
線が復活していることに気がついた。2006年春頃に同社ページ
から突如竹東線が削られ、元々運行本数の少ない路線であった
のでてっきり廃止されたものとばかり誤認していた。

飛狗巴士HPの竹東線路線図にリンクしています。
http://freego.southeastbus.com/images/route8.jpg

この路線図から、松江路では公車専用道上のバス停に停車する
ようになったことが読み取れ、明らかに運行休止前とは違って
いる。運行本数は僅かに1日6往復、運賃は115元である。

台北発 7:00, 9:00, 11:00, 13:00, 15:00, 17:00.
竹東発 6:00, 7:00, 10:00, 12:00, 14:00, 16:00.

台鉄内湾線休止をニラんでの戦略なのであろうか....
ラベル:飛狗巴士
posted by asiabuscenter at 23:40| 台北 ☁| Comment(4) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

中鹿客運、営業開始

中鹿客運
画像は2008年末に台中にて撮影。

2007年2月半ば(16日)、台中〜鹿港に新たなバス会社が運行を
始めた。
その名を【中鹿客運】という。
昨年秋頃より和欣客運の路線図に台中〜朝馬〜彰化〜鹿港と
いうルートが描かれていたものの実態は不明であった。

和欣客運ホームページの路線図
http://www.ebus.com.tw/img1/map/route_map1.gif

元来この区間には、聯合旅遊というツアーバスがマイクロバスを
用いて高頻度運行を行っていたが、そのツアーバスを和欣客運
が買収し、中鹿客運という新会社を設立の上、正規の路線バス
として運行をはじめたものらしい。

台北から鹿港へ向かう場合は、朝馬の和欣客運バスターミナル
で乗り換えることで利用できるが、現在のところまだ台北〜朝馬
〜鹿港の乗り継ぎ運賃などは確認出来ていない。

台中〜鹿港には統聯客運が1日6往復運行しているに過ぎず、
和欣客運の豪華バスによる直通便の開設などが期待される。

台湾人巴士迷、fishgroupさんのBlogに中鹿客運の写真が掲載
されているので御覧下さい。
fishgroupさんのBlog 飛羽巴士部屋にリンクしています。
http://blog.yam.com/fishgroup/article/8338279
posted by asiabuscenter at 23:18| 台北 ☀| Comment(3) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

城市快捷、早くも減便

2007年2月8日、台北(剣澤)・三重〜台中に開通した
「城市快捷」が減便していたことが分かった。

http://www.city-express.com.tw/b1.htm

改定された時刻表によると運行本数は64往復。始終発時刻は
5:00-23:00で変更はない。開業当初は72-80往復だったものが
10-20%減便されている。

概ね1時間当たり3-4本の運行となっており、15-20分に一本は
確保されているが20時台と22時以降は30分毎となった。

また運賃に関しては、「買一送一」セールが行われており、
260元で乗車券を購入すると、もう一枚乗車券がもらえる。
事実上の半額割引になっている。なおこれに伴い、平日割引と
朝馬から乗車した場合安くなる運賃は実施されなくなった。

台北の北郊と西郊を台中と直結するという、ユニークなこの
路線、今後の推移が注目される。

関連記事)弊ブログ 2/8の【城市快捷、開通!】も御覧ください。
http://asiabuscenter.seesaa.net/article/33230659.html
posted by asiabuscenter at 20:53| 台北 ☔| Comment(2) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

台北〜新竹、只要100

2006-05-kingbus-hsinchu01.JPG 2007年2月16日、國光客運は突如
130元(平日割引110元)から100元
へ運賃引き下げを実施した。

 台北〜新竹には5つの事業者が
競合し、それぞれ高頻度運行を
行っている。特に、新竹客運・三重
客運の共同運行便と、國光客運、
さらに豪泰客運は、同じ台北高速
バスターミナルから発着しており、
激しい競合状態にある。

従来は快適度、運行本数、運賃など
に一長一短があってある程度棲み
分けができていたが、最近は豪泰客運が運賃引き下げと、
二列座席車から二列と三列混合車投入を進め、勢力図
に変化が起きていた。
(以下は國光客運リリース)
http://www.kingbus.com.tw/webadmin/images/A0001.htm



続きを読む
posted by asiabuscenter at 23:56| 台北 ☔| Comment(4) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。