2007年02月05日

台中客運、竹山線開設

2006-12-tcbus-jyushan02.JPG
開設当初は100元のキャンペーン運賃が実施された。(〜12/31)

2006-12-tcbus-jyushan01.JPG←路線開設を伝えるポスター

台中客運は2006年12月7日、台中〜竹山に
フォルモサ高速経由の高速バス路線を開設した。 
所要時間は約1時間で、運賃は120元。同社単独
運行で18往復が設定され、台中駅前バスターミ
ナル始発で中興大学、大理仁愛医院を経由し、
竹山インターチェンジ、延平を経て員林客運・竹山バスターミ
ナルに至る。

時刻表(台中発、竹山発同時刻)國道(高速経由)
6:30, 7:00, 7:40, 8:30, 9:00,10:00,11:00,12:00,13:00,
14:00,15:00,16:00,16:30,17:00,18:00,19:00,20:00,21:00.
このほか台中客運の省道経由便が6往復設定されているが
2時間近くかかってしまうので注意。

従来この区間には、省道3号線経由の路線バスが、 員林客運、
彰化客運、台西客運によって運行されてきたが、2時間近く
かかっていた。また路線バスのほかにも、竹山行、上揚通運
なども頻繁に運行されていたが、何れも省道経由で時間が
かかっていた。これが今回の高速バスにより、所要時間は
半分に短縮され、利便性が向上した。

2006-12-tcbus03.JPG 員林客運・竹山站にて (2006.12)

竹山の街自体は観光に訪れる人も
少なく、素朴な田舎町の風情を味
わえることであろう。

また凍頂烏龍茶の産地として有名な鹿谷へは、ここから員林
客運の渓頭ゆき、崎頂ゆきなどのバスで山を登って25分だ。






ラベル:台中客運
posted by asiabuscenter at 21:22| 台北 ☀| Comment(2) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。