2007年11月15日

北宜高速バス開業

トンネルが完成し高速道路が開通しても、大型バスの
通行が認められなっかた北宜高速に、いよいよ本日から
高速バスが運行を開始する。運行は【葛瑪蘭客運】という
宜蘭の新規参入事業者が行う。なお首都客運は12月中に
開通する予定。

葛瑪蘭客運サイト
http://www.kamalan.com.tw/

台北側では板橋バスターミナル、台北高速バスターミナル、
復興南路(和平東路の南)に停車。

宜蘭側では、礁渓、宜蘭(西口南側)、羅東(駅裏側東口)
などに停車する。15-20分間隔で運行するほか、深夜は1時間
に一本ではあるが、24時間運行を実施する。

本日から一週間程度、開業記念として100元で乗車できる。
通常運賃も礁渓129元、宜蘭155元、羅東160元と、台鉄とは
比較にならない安さであるばかりか、所要時間も60-80分と
速い。各駅停車のほか、宜蘭と羅東へは、各々直行便も設定
される。

座席は三列座席の33人乗り、長大な雪山トンネルを通ること
から防火対策などを施した新車が投入される。時刻表と本数
posted by asiabuscenter at 00:39| 台北 ☀| Comment(10) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。