2008年04月28日

書評【高速バス】

今月初め、都市交通問題研究者の堀内重人さんが、新刊を出された。
その名も「高速バス」版元はバス専門書に定評のある、グランプリ
出版からである。

http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0108854432

なぜ、拙ブログでこの本を取り上げるのか?その答えは、第7章
「台湾の高速バス事情」と銘打ち33ページにわたって、台湾の
バスについて取り上げられているからである。これまで、台湾の
バスに関して、バス専門誌の記事や、交通関係の学術雑誌で論文
として取り上げられたことはあったが、日本語の書籍としては、
おそらく初の快挙であろう。中身は無論のことボリューム感も
充分だ。著者自らの現地調査に基く、写真や資料も含めた豊富な
事例紹介が盛り込まれている。


続きを読む


posted by asiabuscenter at 23:58| 台北 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。