2008年07月01日

北宜線が大幅に増便

台北と宜蘭を北宜國道を経由して直結する首都客運
高速バスが2008年7月1日から増便された。

全体の本数は95往復から116往復へと約22%増加し、朝夕は
宜蘭や羅東では10〜15分間隔の高頻度運行が実現した。
台北→羅東に関しては、各駅停車の全程車を減便する
一方で羅東までノンストップの直達車を大幅に増便する
など、メリハリの効いた新ダイヤになっている。

全体としては、宜蘭と礁渓への運行本数が大きく増加し、
羅東は本数こそ微増であるものの直行便が大幅に増加し、
所要時間の短縮が図られている。

なおこの度の増便にあたって6台のスカニア製新車を投入
した模様だ。

詳細な運行本数は以下を参照されたい。

首都客運、北宜線増便の内訳


ラベル:首都客運 宜蘭
posted by asiabuscenter at 22:46| 台北 ☀| Comment(2) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。