2010年02月22日

台北〜台中、運賃引上

國光朝馬站(2008.12)

運賃引上の口火を切った國光客運。朝馬站にて(2008.12)


熾烈な低運賃競争が続く、台北〜台中の高速バス、春節が明ける
今週から値上げラッシュとなりそうだ。

2008年11月から平日割引で80元という破格の激安運賃が提供さ
れていたこの区間も、2009年7月半ばには100元に、同年10月半
ばには統聯、國光の両者が120元へ(和欣は100元に据置)と、
少しづつ引き上げられてきた。

それが、この春節明けより再度の引き上げが実施され、平日割引
では統聯、國光の両者とも120→150元となる。また市内でも中港
や朝馬でも同一運賃が多かったのが、中港や朝馬に関しては据置
となり、台中市内の目的地によって運賃が細分化される。

なお現時点では、和欣客運や阿羅哈客運は運賃引上を表明して
いない。特に三列座席車の平日100元を継続してきた和欣客運が
追随するか否かが焦点となろう。

詳細は、本サイトの高速バス区間別比較研究(台北〜台中)を
ご覧頂きたい。

http://asiabuscenter.fc2web.com/taiwan/bushikaku-2.html
posted by asiabuscenter at 00:15| 台北 ☀| Comment(2) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

台中〜水里の高速バス

南投県中部の山裾に位置する小さな街「水里」。
古くは日月澤への入口として、現在は東埔温泉
への入口や、路台湾鉄集集線の拠点駅として訪れる
方も多かろう。

その水里から集集、名間(濁水)を経由して台中と
を結ぶバスがある。古くは台湾客運が、さらに2001年
からは總達客運が、省道経由便を運行してきた。

總達客運(2008.12)

總達客運の省道経由便(2008.12)。他にマイクロバスもある。



数年前からは、台中〜草屯間で一部の便をバイパス
(中投公路)経由として若干のスピードアップを実施
したりしていた。

2009年(後半?)より、國道三号(フォルモサ高速)を
経由し、途中の草屯や南投を通過する便の運行を開始し
たことを確認した。同社の台中〜水里線97往復中、
31.5往復を高速バス化し、従来より40分もの
スピードアップを実現している。

總達客運ー尊龍

参考画像)總達客運の高速バスはこのタイプか?(2008.12)
#撮影時は省道経由便で運行。

この高速バスは約30分毎に運行され、台中から名間(濁水)
まで直行し、集集を経て水里へ向かう。運賃も、従来便に
比べて大幅に安いキャンペーン運賃が設定され99元となった。
(名間までは90元)

台中から集集や水里へは、總達客運の高速バスを利用すると
格段に便利だ。台中では、鉄道駅から北側500メートルの
干城(双十路X公園東路)に発着所がある。

参考)總達客運サイト

時刻表)紅色が高速経由
http://www.alldabus.com.tw/TS_time.htm

運賃)
http://www.alldabus.com.tw/price.htm

台鉄集集線が運休中
ラベル:台中 水里 集集
posted by asiabuscenter at 23:57| 台北 ☔| Comment(4) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。