2011年01月06日

基隆客運運賃引上

【基隆客運運賃引き上げ】ー台北〜九份は102元にー

2010年11月1日より、基隆客運が運行するバスの運賃が引き上げ
られた。同社は2010年3月にも運賃引き上げを行ったが、僅か半年
あまりで再度の実施となった。

日本人旅行者の利用も多い、台北〜九份・金瓜石関連の新運賃
(現金支払時)は以下の通り。

台北(忠孝復興)〜九份  102元
台北(忠孝復興)〜金瓜石 115元


●今回、新たに悠遊カードでの支払に際して割引運賃が適用される
制度が始まり、その場合10月末までの旧運賃で乗車することができる。

例えば台北〜九份では現金の場合102元になるが、悠遊カードで支払う
と90元に割引される。 悠遊カードを利用する際は、乗車時にカード
読み取り機にタッチさせ、降車時にも同様にタッチすることで、利用
区間に応じた運賃が引き落とされる仕組みだ。

基隆客運サイト>最新消息>票價調整公告
http://www.klbus.com.tw/index.php?option=com_content&task=view&id=409&Itemid=26

続きを読む
posted by asiabuscenter at 18:54| 台北 ☁| Comment(2) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

和欣客運、市内バス事業に参入

拙ブログをご覧の皆様、2011年もよろしくお願い申し上げます。

2011年初は驚きのニュースからお届けしたい。台北〜台南を
中心に都市間バスを運行する和欣客運が、台中市内バス事業
に新規参入を果たしたのである。
http://www.ebus.com.tw/news/news_show.asp?news_id=492

これは、台中市政府が主導して運行を行う【台中市幹線公車】
の内、一路線(54路)を同社が受託したことによる。

和欣客運が運行を担当する54路は、市西部の黎明路を南北に
運行する区間が長いことから、【黎明幹線】とも称される。

路線の南端は高鉄台中駅から東へ約2キロ離れた明道中学だ。
烏日区公所からは黎明路を北に直進する。すぐにビール工場
を経て、僅かに老街が残る南屯を経由し、都市間バスターミ
ナルが軒を連ねる【朝馬】の西側をかすめて、逢甲大学へ。

その後、進路を変え台中隋一の環状道路である文心路に入り、
かつて飛行場があった水楠からは中清路に入って北西へ進み、
大雅インターチェンジの手前で終点となる。ここは中清ターミ
ナルと呼ばれる、小さな都市間バスターミナルがある地点だ。

昨年のTTJ時代にも54路は存在し、黎明路を中心に運行して
いたが、大きな違いは台中客運が運行していたことだ。
同社は、本年の台中市幹線公車の運行を担当しておらず、
様々な条件面で市政府交通局と折り合いを付けることが
叶わなかったのであろう。

運行区間も昨年よりは大幅に延長されており、黎明路の南端は
南屯付近で打ち切られていたものが烏日までの直通が実現して
いる。文心路から水楠〜中清方面も今年から延長された区間で、
利用者の増加に結びつくか注目される。

54路路線図(和欣客運)
http://www.ebus.com.tw/54/route.html
54路路線図(台中市政府交通局)
http://www.traffic.taichung.gov.tw/files/m/54-01.jpg

続きを読む
posted by asiabuscenter at 23:58| 台北 ☁| Comment(4) | 市公車(市内バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。