2011年06月29日

大都會客運が高速バス事業へ参入の計画

自由時報によると、台北市及び新北市を中心に市内バスを運行する
大都會客運が、高速バス事業参入申請を行っているそうだ。

自由時報電子報>北部新聞>大都會客運爭取 新店─蘇澳線(2011.6.28)
http://www.libertytimes.com.tw/2011/new/jun/28/today-north15.htm

記事によると、運行区間は新北市新店〜蘇澳に一日100往復程度で参入を
計画している。台北と宜蘭県を直結する雪山隧道が開通して以降、2007年
11月に台北と礁渓、宜蘭、羅東を結ぶ路線が開設され、現在は葛瑪蘭客運と
首都客運の両者あわせて300往復以上が運行を行っている。

さらに基隆と礁渓、宜蘭、羅東を結ぶ路線が、首都客運と國光客運によって
平日32往復、休日38往復運行されている。

一方、宜蘭県南部の大きな街である蘇澳には、これまで路線が設定されて
おらず、葛瑪蘭客運が羅東からの無料連絡バスを細々と運行するに過ぎな
かった。いずれ台北と蘇澳を直結する路線が開設されることは確実視されて
はいたが、今回の路線開設申請は様々な点で特徴的だ。

【なぜ大都會客運なのか?】
これまで実績を積み重ねてきた葛瑪蘭客運や首都客運ではなく、また蘇澳
周辺で前身の台湾省公路局時代から路線バスを運行してきた國光客運でも
なく、高速バス事業の経験すらない大都會客運が参入する点が興味深い。

【台北に乗り入れず、新店発着の理由は?】
台北側の発着地が新北市である点も興味深い。記事によると大坪林を拠点
とする意向のようだ。将来的にはメトロ環状線が開業し交通結節点として
魅力的な場所になりうるとの思惑があるようだが、唐突な印象は否めない。

上記の二点をはじめ様々な観点から興味の尽きないこの計画、順調に進めば
今年末あたりの運行開始となりそうだ。注目して見守りたい。
posted by asiabuscenter at 00:57| 台北 ☔| Comment(6) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。