2008年08月08日

統聯客運、運賃引上

高速バス最大手の統聯客運は、来たる2008年8月16日より運賃
引上を実施する。本年春より高速バス各社では激烈な運賃競争
が展開されてきたが、最大手の統聯客運が引き上げに転じた
ことによって、運賃修復の方向へ一歩を踏み出したようだ。

統聯客運プレスリリース)
http://www.ubus.com.tw/news/news.asp?aaa=218

今回の特徴は三種類に区分された割引時間帯のうち、優惠時段
の引上げが目立つ。
この時間帯は、他者が割り引かず統聯客運のみが割引を実施し
てきた土曜日(終日)や、日曜午前、金曜午後などが該当し、
他者の通常運賃よりは割安だが、以前のような【土曜日は統聯】
といった魅力はなくなった。

また原價時段の引上げにより、通常運賃適用時間帯には、
國光客運と比べて割高感すら出てきた。

なお同社最大の需要がある、台北〜台中(中港・朝馬)の
促銷時段における100元運賃は継続された。

台北〜台中市内 
促銷100→120(+20)
優惠220→240(+20)
原價260→260(ママ)

台北〜嘉義
促銷165→195(+30)
優惠260→290(+30)
原價260→290(+30)

台北〜台南
促銷200→230(+30)
優惠300→360(+60)
原價300→360(+60)

台北〜高雄
促銷350→380(+30)
優惠460→490(+30)
原價510→540(+30)

促銷時段 月曜6:00〜金曜12:00 計102時間/一週間あたり
優惠時段 日曜20:00〜金曜17:00、金曜20:00〜日曜14:00
計159時間(促銷時段適用路線では57時間)
原價時段 金曜17:00〜20:00、日曜14:00〜20:00 計9時間
posted by asiabuscenter at 16:13| 台北 ☁| Comment(4) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
還是沒辦法抵過高油價的壓力..
之前國光也有調整台北-台中間的優惠價,
同樣是原100元改為120元。
Posted by march at 2008年08月17日 20:45
march先生、歓迎光隣〜
聴説、一辺惠價低一辺油價貴
台湾國道客運業者都 太累了。

台北〜中港(朝馬)惠價
國光比統聯貴、我覚得 很有興趣的情況。

感謝march先生、再会!
Posted by ASIA BUS CENTER at 2008年08月17日 23:41
こんにちは、久しぶりにブログ拝見致しております。

それにしても大幅な安売り合戦でしたね、まるで日本のバス業界を彷彿とさせるような(苦笑)おまけにアロハや和欣までリングに上がってしまうとは・・・統聯のこの一手で本当に落ち着きを取り戻してくれれば良いのですが。

尊龍が運行停止したのはショックです!世界初の総統座席を登場させた公司ですし、私も創立者の徐氏を尊敬していた1人ですから・・・

やはり高鉄の影響は徐々にバス業界にも及んでいるのでしょう、これは今日のバス友の会で報告しなければなりませんね。
Posted by Streamliner at 2008年09月06日 12:37
Streamlinerさん、こんにちは。
台湾の都市間バス価格競争は、まだ収束するに
は至っていないと思います。もともとこの割引
の火ぶたを切ったのは統聯でしたが、御指摘
のように、高級路線のアロハと和欣まで巻き
込んで、この先も想像がつきません。

>高鉄の影響は徐々にバス業界にも
やはり真っ向から高鉄に対抗するのは難しいと
考えます。大都市間だけの運行から、中小都市
と大都市を直結する路線の開拓や、高鉄の駅と
地方の小都市を直結する(高鉄フィーダー)型
路線の開拓が望まれます。

尊龍は残念ですが、もはや過去の話になってし
まいました。火災死傷事故以来、乗客が戻ること
は無かったようです。但し、總統座椅に関しては、
これから先も阿羅哈や和欣が、受け継いでいって
くれることでしょう。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2008年09月13日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。