2008年12月16日

和欣客運、桃園機場〜彰化に路線開設へ

和欣客運は桃園機場〜彰化に新路線を開設すると発表した。

従来、桃園(南カン)IC〜桃園機場に無料送迎車サービスを
実施していたものの、特に桃園機場側には窓口も無く利用
しにくかった。

今回、正式な新路線として乗り入れを果たすことになる。
彰化だけではどれだけの集客力があるか、おぼつかないも
のの、同社のことなので朝馬ターミナルを利用しての南部
方面への乗換サービスなども考えていると推測する。

車輌は二列座席の總統座椅か、三列座席の経済倉かは不明だ。

気になるのは、リリースの最後で「さらにもう一本の
高速バス路線新設を計画」と言及していることだ。

http://www.ebus.com.tw/news/news_show.asp?news_id=125

公告日期:097-12-12
發佈單位:總公司

主旨: 賀!!本公司獲選籌備經營「彰化(員林)←國道1號→桃園
國際機場」國道客運機場路線!!

內容:
1.本公司已正式獲得交通部公路總局公路汽車客運審議會通過,
獲選籌備經營「彰化(員林)←國道1號→桃園國際機場」國道客運路線!!

2.和欣客運將秉持著一貫服務的精神,積極籌備本路線之通車營運,
期望能以最快的時間服務廣大的乘客,再造一條優質的國道客運路線。



路線開設申請受付の公告。

http://www.thb.gov.tw/hw/971025.htm


交通部公路總局公告
發文日期:97 年10月 24 日
發文字號:路監運字第 0971006264A號

主旨:公告開放「彰化(員林)-彰化交流道-國道1號-機場系統
交流道-國道2號-機場系統交流道-桃園國際機場」國道客運路線
(第2次),徴求有意願經營之業者參加評選事宜。

依據:依據公路汽車客運審議會第66、70次全體委員會議決議
既交通部97年5月26日交路字第0970031113號函、
97年10月17日交路字第0970051144號函▲理。

公告事項:

一、 為振興大衆運輸及順應自由化潮流,並透過市場良性競爭,提升公路運輸之經營效率與服務品質,開放公路汽車客運業營運路線,徴求有意願經營之業者參加評選。

二、 開放申請經營路線:「彰化(員林)-彰化交流道-國道1號-機場系統交流道-國道2號-機場系統交流道-桃園國際機場」國道客運路線。

(一)本路線經營申請之業者,如原先沒有桃園國際機場大客車停靠月台使用停車位及站牌,經公路汽車客運審議會評選獲選經營後,應於接獲本局書面通知之日起1個月内取得民航局同意本路線獲選業者在桃園國際機場客運停靠月台使用停車位證明(逾期撤銷獲選資格),並檢附該證明由本局再行陳報交通部核准籌備經營。

(二)因應桃園國際機場空間問題,本路線獲准籌備經營業者車輛,不得將桃園國際機場月台停車位大客車上車處作為停車使用,須儘速讓乘客上車後駛離;但可使用桃園國際機場大型車停車場作為待班車輛之停車處所。

(三)為避免影響地區客運業者或侵犯原有國道客運業者經營路權,本路線車輛必須配備含衛星定位功能的數位行車紀錄器車輛,並於營運期提供資料,以證明沒有經營地區客運的行為。

(四)針對彰化-員林端行駛路線及設站位置,必須取得當地政府同意,以不能對當地交通造成明顯影響為原則。

三、 經營許可期限及家數:5年,同一路線經營家數1家。

四、 申請辦法:

(一)國道客運路線經營申請,其上(下)交流道以起(訖)點附近之交流道為原則,中途不得揄チ上(下)交流道並設站。

(二)申請經營前揭客運路線參加評選者,應依公告規定於申請期限屆滿前(郵寄者以郵戳為憑),備具汽車運輸業籌備申請書(現營公路汽車客運業者免,另填具申請經營路線圖說表)、連同經營計畫書及其他公告規定資料1式30份,向當地公路主管機關提出申請。上項計畫書內容依經營計畫摘要格式(詳閱本局網站),分線填列各項摘要內容鍵入磁片逕送本局監理組運輸管理科,以利評選作業。

(三)申請經營客運路線之經營計畫書至少應載明下列內容:

1、 經營能力:包括企業經營紀錄及形象、經營團隊組成-申請經營路線運輸市場供需分析、經營組織架構、人員配置及評鑑獎懲紀錄。

2、 營運計畫:包括車齡及舒適度、車輛安全性、車輛相關設備及營運服務—營業時間、營運班次(單程為1班)、尖離峰班距、車身結構、車輛安全設施(含安全門、安全門通道、安全門標識、滅火器等設備裝置之圖說、通過傾斜穩定度認證合格)、駕駛員與技工人數配置之合理性(檢附最近1期駕駛員薪資金融機構轉帳明細及現有車輛數資料)、配置車輛數及車種。

3、 路線及場站計畫:包括路線及站位規劃、停車場規劃及車輛保養—行駛路線、停靠站位、發車站、停車場及檢修設施。使用現有場站者,應對擬用場站提出空間利用分析;新規劃場站應提出地主同意租購證明或契約書、土地使用分區證明(或無妨害都市計畫證明、土地登記簿謄本)及土地所有權狀影本。

4、 財務及其他:包括資本能力及其他服務—公司資產負債(以公司最近1年資料為主,非現營公路汽車客運業者另載明投入經營資本額)、申請經營路線收支損益評估、票價、票種及投保乘客保險之金額及類別。

(四)申請期限:自97年10月25日起至97年11月8日止。

(五)注意事項:

1、 非現營公路汽車客運業之申請者,應於經營計畫書列明籌備公司或經營團隊名稱、代表人及所有籌備成員或股東名單,並主動切結該等人員自公告截止收件之次日起,無直接或間接參與投資經營(包括直接經營,或以股東、董事名義投資,或其他經主管機關查證屬實之參與方式)違反公路法或汽車運輸業管理規則之情事。未切結者,不予受理該經營申請案。

2、 前項申請業者提出後,經查其代表人、所有籌備成員或股東有直接或間接參與投資經營(包括直接經營,或以股東、董事名義投資,或其他經主管機關查證屬實之參與方式)違反公路法或汽車運輸業管理規則之情事者,該經營申請案仍不予受理;已受理完成評選者,取消其評選成績;已核准籌辦者,撤銷其籌辦許可,延期籌辦者亦同。

3、 申請業者接獲本局公路汽車客運審議委員會評選會議通知後,應由公司代表人、負責人或經授權之經理人親自出席。未到場進行簡報或接受詢答者,得取消其參加評選資格。

4、 評選會議中所作簡報資料及詢答所承諾事項,視為經營計畫書之一部分,均必須於核定籌備期限內完成。但部分項目已特別敘明並經本局公路汽車客運審議委員會同意者,不在此限。經營計畫書及相關申請資料,經本局完成評選核准籌辦後,業者即不得變更。如變更內容者,視同籌辦未完成。

5、 經核定完成籌辦之路線,獲准籌辦者正式營運後,6個月內不得申請縮減營運班次、營運時間、調撥配置車輛,或其他足以影響服務品質之經營計畫內容。

6、 獲准籌辦業者,對於所研提之經營計畫書相關場站設置地點、面積、設施、行車動線及停靠站位,均需另向地方主管機關申請,由該管主管機關斟酌配合都市計畫、使用分區動線及交通狀況另行核定。非經許可擅自變更原提計畫書內容者,本局得廢止原籌辦核准。

7、 票價及票種由主管機關於核發營運路線許可證時,依實際營運里程運價核定之。

8、 籌辦期間:自核准之日起6個月內完成。

9、 逾期未完成籌辦者,廢止其核准籌辦;經廢止有案者,1年內得不受理其申請經營路線。

10、 其他注意事項悉依公路法及相關法令辦理。

11、 上網公告時間自97年10月25日起至97年11月8日止,歡迎上網查詢,本局網址:www.thb.gov.tw(請進入動態新聞網「公告開放公路汽車客運業營運路線」)

12、 本案公告上網內容包括:公路汽車客運路線經營審議評分表、經營計畫書摘要,如有疑問請逕洽當地公路監理機關。

臺北市政府交通局運輸管理科,TEL:(02)27256873

地址:臺北市市府路1號西北區5樓。

注)一部を省略し、文字化けした漢字の修正を行いました。
posted by asiabuscenter at 00:53| 台北 ☀| Comment(8) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ和欣客運も機場路線を開設ですか。
桃園機場から中南部方面への移動が楽しくなりそうです。是非利用したいと思います。
Posted by シェシェ at 2009年01月19日 16:36
シェシェさん、コメントありがとうございます。
桃園機場〜台中は、現状ですと
1.本数は多いが安全性に難がある飛狗巴士、
2.無難な選択だが居住性に難がある統聯客運、
3.運行本数が極めて少ない國光客運
といった状況にあります。

和欣客運が、できれば二列座席の【頭等商務艙】を
投入して、300元程度の運賃で快適な移動を
楽しめるようになってほしいものです。

私は例によって【朝馬経由】になるとニラんでいます(笑)
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年02月01日 02:05
あれっ

【中港站】接駁ですか?

今見たところではサイトの表記は
【中[土歴]站】になっていますが。

サイトの方が後で訂正されたんですかね。
Posted by kyon2 at 2009年02月11日 20:49
>kyon2さん

御指摘ありがとうございます。コピペした時に、
(土歴)の字が文字化けしてしまったのを直す
際に、誤って「港」としてしまいました。
訂正します。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年02月13日 01:23
●以下のコメントは2009年2月11日18:04にコメント
したものに誤りがあったため、訂正し再構成しました。

どうやら2009年2月20日午前6時に開業することが
決定した模様です。

因應『彰化→桃園機場』路線通車,自98年2月20日
早上06:00(各發車站時間)之後進出桃園機場之
旅客一律改至【中(土歴)站】接駁。
http://www.ebus.com.tw/news/news_show.asp?news_id=162

ご乗車になられた方、是非コメントお寄せください。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年02月13日 01:35
プレスリリースが出ました。

公告日期:098-02-17
發怖單位:總公司

主旨: 好消息《彰化→桃園機場》路線正式上路羅!!
内容: 自98年2月20日起,本公司彰化→桃園機場路線正式上路
北上方面:
員林→花壇→彰化→中歴→桃園機場〈第一、二航廈〉終點站。
南下方面:
桃園機場〈第一、二航廈〉→中歴→彰化→花壇→員林終點站。

http://www.ebus.com.tw/news/news_show.asp?news_id=165

意外だったのは「花壇」にも停車すること。
そして、おそらく彰化や員林では市内に停留所を
設けるようだ。

時刻や運賃については、現時点では不明。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年02月17日 14:36
3月15日に桃園国際空港(第二ターミナル)から彰化站まで乗車してきました。

リムジンバス乗り場の出口側に和欣客運の窓口が出来ていました。
13:00出発で彰化站には15:30頃到着。
運賃299元

12:20頃チケット購入して、一度14:00で発券したのを13:00の間違いでした、、、
と窓口のお兄さんが訂正したので一時間置きの運行ではないかと。
総乗車人数4名で快適に過ごせましたが、運行継続されるか心配です。
Posted by かしこ at 2009年03月25日 19:39
かしこさん、コメントありがとうございます。

この新路線にご乗車になられたとの由、日本人
利用者としては第一番目かもしれませんね。

運賃や運行間隔について、貴重な報告ありがとう
ございました。コメントをいただいた時点では
まだ公式サイトに掲載されていない段階でした
ので、本当にどんな運行がされているのか謎で
あったのが氷解した気がしました。

現在は公式サイトでも告知されておりますので、
貼っておきます。やはり一時間毎の運行でした。

http://www.ebus.com.tw/riding_info/bus_departue_time_1.htm#007

桃園空港発、6:00〜23:00 60分毎 17本。
員林発、2:00〜19:00 60分毎 18本。

かしこさん、またのコメントお待ちしております。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年04月06日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。