2009年01月10日

基隆客運、新車導入

基隆客運01
基隆客運に登場した新車(2008.12撮影)

2008年12月、基隆客運は基隆〜士林の高速バスに新車を導入した。
従来の車輌は路線開設当時に投入されたもので、10年あまり使用
された経年車であった。今回導入された車輌は、北海岸の海を
連想させるマリンブルーに塗られ、従来のトリコロールカラーと
は全く異なる爽やかな印象を受けた。
【注】一部便(時刻表に赤字で表示ー約30往復)は、共同運行
する「光華巴士」の車輌になります。


基隆客運02
捷運剣澤〜基隆を約50分で直結する。

この路線は士林、捷運剣澤〜基隆を約50分で直結しており、
運賃も55元と割安、そして何よりも運行本数が多く、一日
約80往復と頻発していることが魅力だ。
(時刻表)8〜15分間隔で頻発。
http://klbus.cdtek.com.tw/index.php?option=com_content&task=view&id=118&Itemid=49

剣澤のバス停は、駅西側の大通り【基河路】の向い側、
士林夜市(美食街)の前にあり、士林と基隆の夜市を
ハシゴするといった利用も楽しい。

台北側では、士林の天文館が始発だが、実際には捷運剣澤
から、さらに台北市内西北部の酒泉街などから乗る人が多い。

酒泉街のバス停は保安宮や孔廟にほど近く、捷運圓山から
も西へ徒歩5分あまりの場所。さらに台北インターチェンジ
直前の「啓聰學校」バス停へは、重慶北路沿線の寧夏路夜
市や圓環、古くからの繁華街である西門との間には、601番
や304番、302番、223番などの市内バスが頻発しているので、
基隆と行き来する際に、乗り継いで利用するのも便利だ。

(路線図)
http://klbus.cdtek.com.tw/images/stories/line_map/rl_9.gif

基隆客運03
一路、基隆へ向けて快走

この記事を御覧頂いている貴方も、知る人ぞ知るこの
高速バスに乗って、基隆〜剣澤をスマートに移動して
みては如何であろうか?
posted by asiabuscenter at 23:58| 台北 ☁| Comment(8) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ASIA BUS CENTERさんこんばんは。
遅くなりましたが今年もどうぞよろしくお願いします。

基隆〜台北間の移動はソウル〜仁川なんかともかぶる印象があります。
こうした近郊都市との移動はガヤガヤしたロングシートの通勤電車に揺られるよりバスでゆったり行くのが好きなのですが、新車導入でいよいよ快適になりますね。
Posted by 乗後景 at 2009年01月16日 22:18
ASIA BUS CENTER さん こんにちは。
本年もよろしくお願いいたします。

思い切ったイメチェンですね。爽やかな感じで好感が持てます。
公路客運車もこのカラーに変更されるでしょうか。北海岸をマリンブルーのバスが走る姿を想像するだけで楽しくなります。
Posted by シェシェ at 2009年01月19日 16:26
乗後景さん、こんばんは。
こちらこそ、本年もよろしくお願いします。

台北〜基隆と、ソウル〜インチョン、確かに
共通点がありますね。首都とその外港の街という
点や、距離的な感覚も似通った印象を受けます。

韓国の方が、電車の本数が圧倒的に多いのと、
ソウルの場合、台北での南京東路や忠孝東路の
ように市内中心部までバスが乗り入れない点。

インチョンの場合、ソウルからインチョン市内各所に
キメ細かく路線が存在するのに対して、基隆は、
ほとんどのバスが火車站行きで、市内各所へ
分け入っていく路線が少ないのが対照的ですね。

>近郊都市との移動はガヤガヤしたロングシート
>の通勤電車に揺られるよりバスでゆったり
同感です。東京近郊もいつかは、そうなって欲しいものです。
羽田空港〜首都圏各地に限っては、ここ数年
見違えるように充実したのが唯一の救いですね。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年01月20日 00:37
シェシェさん、こんばんは。
こちらこそ、本年もよろしくお願いします。

今回の基隆客運の新塗色、本当に思い切った
【CHANGE】だと思います。公路客運にも波及
すると、より街が明るくなると思います。

但し市内で競合する基隆市公車と、似通った塗色なのが、
悩ましいところです。
http://www.klcba.gov.tw/images/20060823095908.jpg

先ずは、観光局の利用も多い、台北(忠孝復興)〜金瓜石の
高速バス路線に、この新塗色が登場するのを期待したいですね。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年01月20日 00:48
ご無沙汰しております。

新色は基隆のほかに東海岸にも顔を出している首都之星に近い感じを受けます。車内の様子など、わかれば教えてください。

最近、日本に入り浸っており、去台湾の機会が減ってきていてなかなか基隆方面に行けない、(南には行くのですが・・・)のが残念です。

Posted by yutapong at 2009年01月29日 11:49
yutapongさん、コメントありがとうございます。

このバスの色に関してですが、首都之星のうち、
主に内湖〜基隆線で運用され、北宜線では増発便に
運用される四列座席車と、若干近い印象を受けます。
基隆客運の方が白っぽく感じます。

一方、北宜線の三列座席車(SCANIA車)は、
深いメタリックブルーが印象的で、また違った
テイストを感じました。

本年中には基隆〜宜蘭線の開通も予定されており、
一段と充実しそうですね。首都客運と國光客運が
参入するとのことです。

>去台湾の機会
行く度に新たな発見があろうかと存じます。
またの書き込みお待ちしております。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年01月31日 19:28
こんばんは。
表題の新車ですが、現在はかなり数が増えており、基隆〜士林線の他にも、基隆〜板橋線の一部と、何と台北〜九イ分〜金瓜石線にも数台ほど投入されている模様です。
台北〜九イ分〜金瓜石線で現在使用している車両もそれほど古くはないものが多いので、完全に置き換えられることはなさそうですが、もしかしたら試験的に投入されているのかもしれませんね。
Posted by 日吉 at 2009年03月16日 22:04
日吉さん、コメントありがとうございます。
お返事遅くなりましてすみません。
リンクの写真と、日吉さんのブログ「日吉の空から」
の記事もあわせて興味深く拝見しました。

http://blog.livedoor.jp/hiyoshi1257/archives/2009-03.html#20090316

>台北〜九イ分〜金瓜石線
日本人旅行者の利用も多いこの路線にも、このブルーの
新車が投入されたのは初耳でした。従来の二種類、
中興グループ路線色であるトリコロール色、中興グループ
高速色の黄緑色に加え、今回のブルーと色とりどりに
なりましたね。

また台湾にお出かけの際には、情報お待ちしております。
ほかにも気軽にコメントお寄せください。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年04月05日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。