2009年02月17日

和欣客運・豪華經濟艙

ho-hsin-02

2008年末のある日、和欣客運が台北〜台中に12月11日から運行
を開始した【豪華經濟艙】に乗車してみた。和欣客運といえば、
2000年3月に台北〜台南に運行を開始して以来、ニ列座席の
超豪華バス【總統座椅】の運行事業者としての印象が強い。

高速鉄路が開業し、その後大幅に運行本数を増やしてからは、
高速バスの乗客も若干の減少傾向にある。台北〜台中では2008
年春の時点で8つの事業者グループが凌ぎを削っていたが、
その内、2008年夏に尊龍客運が退出するなど、状況は厳しい。

台北〜台中で總統座椅を運行する事業者は、和欣客運のほかに
阿羅哈客運、尊龍客運であったが、尊龍は退出、阿羅哈は全便を
台北〜高雄、台北〜嘉義線の一部便が台中を経由する運行形態
に変更し、後ろ向きの対策を打った。

和欣客運は、これまで統聯客運の寡占状態にあった、割安な
三列座席市場に活路を求め、経年車を三列座席に改装して、
新たな市場の開拓に打って出たものである。



ho-hsin-01


実際に乗車してみた上での感想であるが、三列座席のために、
椅子の幅が若干狭いことは否めない。しかし、統聯客運の
三列座席と比べると、椅子そのものの快適さもさることながら、
車内の暖色系の照明が心地よさを演出していると感じた。

これで統聯客運や國光客運と同運賃なのであるから、乗った
かいがあるといえよう。平日ならば僅か80元という安さだ。

乗車券を購入するにあたっては、カウンター上部の電視
時刻表からでは、三列車なのか二列車なのか解らないのが
難点だった。もちろん発券カウンターの係員に尋ねれば
教えてもらえるし、座席も可能な限り選ばせてくれる。

豪華經濟艙ー<エクセレント・エコノミークラス>

高鉄との競争から生み出された、新たな都市間バスサービス
の行方を、期待して見守りたい。御覧のあなたもお試しあれ!

参考ー拙ブログ記事、台北〜台中80元!
http://asiabuscenter.seesaa.net/article/111292729.html#more

ho-hsin-03
posted by asiabuscenter at 21:55| 台北 ☁| Comment(7) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2列だと夫婦で乗ったとき寂しい気持ちになりました(爆)離ればなれで。
3列でも肘掛けとかが結構じゃまで〜

ベンチタイプのシートとかどこか出してくれたら楽しいのに(笑)
Posted by BING DONG at 2009年02月18日 22:45
ASIABUSCENTERさんこんばんは。
豪華經濟艙、面白い字面が気になっていたので楽しく拝読しました。落ち着いたいい雰囲気の車内ですね。これで80元とは…。
Posted by 乗後景 at 2009年02月19日 23:43
BING DONGさん、コメントありがとうございます。

お二人のために御用意しました。
「豪華甜蜜〜情人座椅」by東南客運。
板橋〜彰化・員林に好評運行中です。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年02月19日 23:53
乗後景さん、コメント感謝〜です。
總統座椅のゴージャスなサービスを売りにしてきた
事業者だけあって、その伝統が内装の細かな仕様に
も受け継がれているようです。

和欣ならば、LED行先表示が邪魔な統聯とは違って、
「特等席」からの見晴らしを堪能することも出来ますし。

昨年末に観察した印象では、いま和欣客運に最も勢い
があると感じられました。

乗後景さんも訪台の折には、白金臥艙ともども
是非お試しあれ。

Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年02月20日 00:08
2009年2月27日より、台北〜台南、板橋〜台南
にも投入されており、運賃は400元。

公告日期:098-02-26
發佈單位:運務部

主旨: 好消息!台北、板橋往返台南『豪華經濟艙』降價〜
内容: 好消息!
自98年2月27日00:00起台北、板橋往返台南
『豪華經濟艙』(三排座椅) 票價調降為400元

http://www.ebus.com.tw/news/news_show.asp?news_id=174

Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年02月27日 13:53
お久しぶりです、

噂には聞いていましたが3列座席車が増えましたね、高鉄の影響がここまでのものになるとは思いもよりませんでした。

それでも豪華経済艙などの新たな発想なるバスを運行するなど、苦戦の中にも台湾バスのオリジナリティが残っているのがせめてもの救いです。
Posted by Streamliner at 2009年03月08日 21:03
Streamlinerさん、コメントありがとうございます。

高鉄の影響は2008年以降、ジワリジワリと
及んできているようです。高鉄は今月、減便を
行う一方で、平日などの時間帯割引運賃の適用
を拡大します。まずは台鉄の優等列車が受ける
影響が大きいとは思いますが、高速バスへの
波及も免れないことでしょう。

和欣客運は三列座席便の設定で、統聯に挑む
一方、先ごろ開設した桃園機場〜彰化。員林線
や、開設準備中の高鉄台中〜台中市内西部
(東海大学?)による近距離路線への初進出
など工夫をこらした様々な展開を行っており、
これからも目が離せませんね。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年03月10日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。