2009年04月19日

大有巴士、機場〜台北線

0812-airbus26201.JPG

大有巴士、市内バス無料乗車券をサービス

いささか旧聞ではあるが、3月18日より桃園機場から台北市内行き
の片道乗車券を窓口で購入した場合に、市内バス無料乗車券が
贈呈されるサービスが実施されている。同社の市内路線には、
212直、307(大有巴士限定)、262(大有巴士限定)、257など
の利用する機会が多い路線もあるので、上手に活用されたい。

<如板橋商圈>とあるので、おそらく二段(30元)乗車しても
良い のではないかと推測される。

◎免費轉乘券方案◎(98/3/18日起)
本公司自即日起(3/18),凡於桃園機場(一、二航站櫃檯),
購買Airbus大有巴士『機場─台北』單程票之乘客,
即可獲得『大有巴士台北市區聯營公車免費轉乘券』乙張,
一票到底免費轉乘至台北縣市各大觀光景點、捷運站
(如板橋商圈、西門町、忠孝SOGO商圈、中正紀念堂、國父紀念館等)

詳情請參考本公司市區公車路線或撥打免付費專線洽詢
*注意*請認明大有巴士才享有此免費轉乘優惠喔^^

資料来源)スクロールして下部を参照されたい。
http://203.204.0.173/

200812airbus-001.JPG

オレンジ色に変わった桃園機場〜台北西線の新車

また2008年秋頃より、桃園機場〜台北西線にオレンジ色の
車輌が投入され、従来の青系塗色とは全く異なる印象を受ける。
2008年末に観察したところ、西線はオレンジ色のみになった
模様だ。 なお東線に関してはオレンジ色と従来の青紫色の混合、
さらに板線線や台北〜台中線は従来車を運用しているようだ。

2008年12月25日に運行時刻が改訂され、ほぼ20分間隔への
増便が実施されたほか、南カンを経由しない【直達車】も
設定されている。

時刻表(台北高速バスターミナル発)
4:35〜(20分間隔)〜11:55、
12:25、12:55、
13:15〜(20分間隔)〜16:15、
16:30〜(15分間隔)〜19:15、
13:35〜(20分間隔)〜21:55、
22:25、22:55.

【直達車】は、上記の内4:35〜15:35の間に、一本おきに
運行(約40分毎)。運賃は90元。(台北〜南カンは50元)

増便が実施され、市内バス乗車券もサービスされるように
なった大有巴士を、あなたもおためしあれ。
posted by asiabuscenter at 23:56| 台北 ☁| Comment(7) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
偏見ではありますが、大有というとなんとなくいい加減なバスという印象をもっていたのでちょっとびっくりしました。やる気出してますね。
オマケの切符がどんなものかも見たくなります。
Posted by 乗後景 at 2009年05月06日 23:55
今晩は、ご無沙汰です。3月末に福華飯店から大有の東線に乗りましたが相変わらずのぼろバスで、最近は市内バスのほうがピカピカの新車が走っていますね。

私事で恐縮ですが月初の3連休にブログを作ってみました。当地にいるといろいろ面白いことがありすぎて鉄分は少なくなっていますがよろしかったらのぞいてみて下さい。
Posted by 亜熱帯気候 at 2009年05月07日 03:04
アドレスを忘れました。
Posted by 亜熱帯気候 at 2009年05月08日 21:54
乗後景さん、コメント感謝〜です。
大有巴士は、経営危機に直面した後、首都客運の
経営指導を受けるようになったと聞いたことが
あります。(色もオレンジになりました)

ドン底からは脱しつつあるのでは?ないでしょうか。
私も次回は、「オマケの切符」コレクション目当てで
大有の機場巴士を試してみようと考えています。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年05月12日 01:32
亜熱帯気候さん、コメントありがとうございます。

大有の東線は、旧型車だったとの由、西線より
グッと運賃も高いのに不思議な現象ですね。

貴ブログ「亜熱帯天然色百科」開設おめでとう
ございます。時折のぞかせていただいております。
拙ブログからリンクを張っておきました。再会です。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年06月06日 15:46
こんにちは。
2日前桃園空港−台北西線に乗車してきました。
南かん経由のローカルで90元。無料乗車券はもらえ
ませんでしたので、申し出ないとダメなのか、もう
終わってしまったのでしょうか。
窓口で西線のダイレクトはないの?と聞くと「ない」
と言っていましたが、それは今すぐはないのか
もうダイレクトはないのか疑問が残りました。
予断ですが、もらったパンフレットには、国道客運台北総駅は
乗車専用になっているにもかかわらず、ここまで
乗せてもらいました。ここまで乗ったのは私1人
でした。通常の運用かもしれませんが、柔軟性の
あるところが台湾のバスのよいところですね。
Posted by MAC at 2009年07月20日 11:30
MACさん、貴重な最新レポートをありがとう
ございます。無料乗車券が無くなっていたのは
残念ですね。一時的なキャンペーンに過ぎな
かったのかもしれません。

桃園機場から國道客運台北總站までご乗車に
なられたとの由、柔軟かつ融通無碍な所が
何度行っても、新たな発見につながり、興味が
尽きない点です。私の場合は、天成大飯店の前で
全員下車でしたが、夜遅かったためとも考えられ
ます。

MACさん、またのコメントお待ちしております。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年07月27日 16:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。