2010年02月22日

台北〜台中、運賃引上

國光朝馬站(2008.12)

運賃引上の口火を切った國光客運。朝馬站にて(2008.12)


熾烈な低運賃競争が続く、台北〜台中の高速バス、春節が明ける
今週から値上げラッシュとなりそうだ。

2008年11月から平日割引で80元という破格の激安運賃が提供さ
れていたこの区間も、2009年7月半ばには100元に、同年10月半
ばには統聯、國光の両者が120元へ(和欣は100元に据置)と、
少しづつ引き上げられてきた。

それが、この春節明けより再度の引き上げが実施され、平日割引
では統聯、國光の両者とも120→150元となる。また市内でも中港
や朝馬でも同一運賃が多かったのが、中港や朝馬に関しては据置
となり、台中市内の目的地によって運賃が細分化される。

なお現時点では、和欣客運や阿羅哈客運は運賃引上を表明して
いない。特に三列座席車の平日100元を継続してきた和欣客運が
追随するか否かが焦点となろう。

詳細は、本サイトの高速バス区間別比較研究(台北〜台中)を
ご覧頂きたい。

http://asiabuscenter.fc2web.com/taiwan/bushikaku-2.html
posted by asiabuscenter at 00:15| 台北 ☀| Comment(2) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすがに消耗戦にも限界が来たのかも知れませんが、引き換えに何もないただの値上げだとするとちょっと残念ではありますね。
ご指摘のように和欣の優位性が一層光るのは興味深く、今後どうなるのか続報が楽しみです。
Posted by 乗後景 at 2010年02月22日 22:45
乗後景さん、コメントありがとうございます。
お返事遅くなり、すみません。3月1日から、
ついに和欣客運も追随し、三列座席の平日割引
で120元になりました。最終的には、以前の水準
である170元前後まで戻っていきそうな気が
します。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2010年03月04日 01:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。