2007年01月28日

518で迪化街へ

2006-12-518-05.JPG

台北のオールドタウン迪化街(ディーホァジィェ)、レトロな街並み
と昔ながらの市場の雰囲気に浸れる人気の場所。しかし、いま
ひとつ交通の便が良くないと思われています。

迪化街は台北車站の北西2Kmに位置し、MRT最寄りの双連か
らも民生西路を西へ1Km少々離れています。MRT双連からで
あれば真夏でもない限り歩いてゆくことも出来ますが、迪化街
自体を存分に歩き回るためにも、バスでのアクセスを推奨します。

ガイドブックなどではMRT双連からタクシーでと書かれることも
多いこのエリアへ、民生路を東西に走る首都客運518を活用す
れば、簡単にアクセスすることが出来ます。今回は意外と便利
な、このバス路線をご紹介します。

518番は台北の東・松山から北へ行った場所にある首都客運
内湖車庫と圓環を結ぶ路線で、車体正面や側面には、
麥帥新城 518 圓環 と表記されています。
路線図(首都客運公式HP)
http://www.capital-bus.com.tw/busline/map/busmap.html?busmap=518

5-10分間隔で運行されているため、あまり待たずに乗車する
ことが出来るのが最大の魅力。そして首都客運なので、車内
前方にある次のバス停表示機が正常に機能していることが
多く、運転士も親切に案内してくれる確率が高いといえます。
運賃が15元均一なのも、バス初心者の方にとってはラクなの
ではないでしょうか。

民生路を東西に貫く唯一の路線ということもあって乗客は
多いものの、春節(旧正月)前の買出し時期以外は、MRT
双連から西側は割と空いています。






では乗ってみましょう。MRT双連のバス停からでも良いですが、
ホテルのすぐそばに518のバス停があるかもしれません。
518が走行する民生路は、日本人旅行者が利用するホテルが
多くある、中山北路や林森北路を東西に串刺し状に貫いて
おり、【華泰飯店】のバス停から乗車すると便利な方も多い
ことと思います。

友美大飯店の東側にコンビニ・ニコマートがあるのですが、
その前のバス停は松山方面に行く乗り場です。道路反対側
に渡って圓環方面へ行く 518のバス停を探しましょう。
オレンジ色の518がやってくるのが見えたら手を横に出して
知らせましょう。乗り込む時に、 「下車収票」の電光掲示が
赤く光っていれば、運賃は降りる時に払います。

バスは街路樹が美しい中山北路を越え、馬皆医院のバス停を
経てMRT双連のバス停に着きます。大抵はこのバス停で多く
の乗客が降りてゆくことでしょう。その後承徳路の広い通りを
横断し、静修女中のバス停を通ります。ここは食べ物のおい
しい屋台が集まる「寧夏路夜市」へ便利なバス停です。

バスは左へ曲がって重慶北路へ入り南へ向かいます。朝陽公
園というバス停を経て圓環へ向かいます。この朝陽公園から
は南京東路方面へ向かう 306番が頻発しているので憶えて
おくと良いでしょう。

このあたりまで来ると、車内の乗客はまばらになり、時には
あなた一人きりかもしれません。もしドライバーが何か話し
かけてきたら、一言「ディーホァジィェ」と言ってみて下さい。
きっとウンウンと頷いてくれることと思います。

さて、ここからが本番です。いつでも降りられるように準備を
しておいて下さい。左手にガラスに覆われた圓環跡を見な
がらバスは右折して南京西路を西へ進みます。次のバス停
表示機が、下一站、南京西路口 と光っていると思います。
降車ボタンを押している内に、バスはまた右折して延平北路
を北へ向かいます。

2006-12-518-01.JPG
ここにあるのが「南京西路口」の
バス停。さあ、降りましょう。15元
きっかりを運賃箱に入れて、迪化街
への第一歩を踏み出しましょう。

降りてからは、バスの進む方向へ歩いてすぐ横断歩道を渡って
永楽市場に向かうも良し、来た方向に戻り交差点を右へ、南京
西路を西へ歩いて迪化街の南端から歩きはじめるのも良し、
自分なりの街歩きをお楽しみ下さい。






206-12-518-02.JPG
帰りは518の場合は先程降りた
バス停からのほか、民生西路口
(大稲呈馬頭)から乗ることも
出来ます。華南銀行の道路向い。



2006-12-518-03.JPG
役所の大きなビル左手(北側)
の全家便利商店(ファミリーマ
ート)前にバス停があります。




posted by asiabuscenter at 17:30| 台北 ☀| Comment(4) | バスの旅(台北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ASIA BUS CENTERさん、ブログ開設おめでとうございます! 
私はバスファンとは言えませんが、台北市内のバスは
かなり乗っているので、この記事を面白く読ませてもらいました。

民生路はバスが少なくて不便というイメージが強く、
人を連れて迪化街に行くときはタクシーですっと行っ
てしまうことがほとんど。でも首都客運は安全できれ
いので、乗っていても気持ちいい。
次回乗ってみたいと思います。

うちのブログからリンク張らせてくださいね。
ブログ楽しみにしていますので、頑張ってください!
Posted by lovetaiwans at 2007年01月30日 03:07
lovetaiwansさん、コメントありがとうございます。

実はこの518番、近年まで圓環付近では太原路→
長安西路→重慶北路と巡回するルートで、迪化街
への足としてはいま一つだったのですが、数年前
から現在の経路に変更となり利便性が高まりました。
皆さんに大いに利用してほしいと思っています。

lovetaiwansさんの乗車記も楽しみにしております。
再会!
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年01月30日 21:43
こんにちわ。ここ数年、年末に台湾へ行ってます。2007年に台北へ行った際に、悠々カードと公車指南(前の年はあちこち探して結局買えなかった)を手に入れて、市内バスに安心して乗れるようになり、いつもは双連から歩いていった迪化街のお茶やさんへバスで挑戦!と、華泰飯店からこの518番に乗りました。朝暘公園で降りてしまったのですが、もうひとつ先で良かったんですね。
先月行ったときは雨で台北站からタクシーを使い、帰りは民生西路の大稲呈馬頭からちょうど来た9番に乗ったのですが・・・・台北地下街(北門)というところで降りれば、地下街に入れるかと思い、降りたのですが、それらしきものが見あたらず、結局中華路を西門方面に行ってしまい、雨の中大変な思いをしてしまいました。でも今になれば面白い経験でした。
ところでちょっとお聞きしたいことがあります。今回桃園から台中まで統聯客運で行ったのですが、そのとき、係員がいるスタンドの横に、チルドパックの飲み物が入ってる箱がありました。私は係員さんの飲み物だと思ってたのですが、バスに乗り込んで来る人がそれを飲みながら入ってくるんです。これってサービスなんでしょうか?
それにしても、今年の暮もまた行き台湾!です。

Posted by 流星は謎 at 2009年01月12日 00:18
流星は謎さん、はじめまして。
自在に台北公車を乗りこなしているご様子、頼もしく拝読しました、
これからも色々な路線に挑戦して、思わぬ街に出会ってください。

さて迪化街→台北車站はひとクセあって、難しいですね。最も一般的
なのは、延平北路の「民生西路口」から274番という方法でしょう。
http://www.mtcbus.com.tw/line_detal.php?line=80
隣接したバス停から本数は少ないですが、669番でも行けます。
http://www.capital-bus.com.tw/busline/map/busmap.html?busmap=669
どちらも台北車站の北口である市民大道に着きます。

但し、どちらも本数は多くないので、(台北にしては)随分と
待たされる感じがします。

私の乗り方としては、迪化街→台北車站という移動は極力避けて、
本末転倒かもしれませんが、バスが便利な場所へ動くように心がけ
ています。南方面でしたら、西門か中華路北站へ出てしまいます。

飲み物の件ですが、統聯や國光はターミナルの乗車口付近に
サービスのミネラルウォーターが置いてあるのを見かけます。
しかし、飲み物スタンドで20元程度出せば美味しいドリンクが
いくらでも調達できることもあって、あえてバスターミナルで
もらうこともないかな?と考えます。

流星は謎さん、次回の台湾旅行でも、どんどんバスの旅を
お楽しみください。また体験談などもお寄せくださいね。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年01月20日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。