2007年01月31日

屏東客運の新型?車

2006-12-pingdong-01.JPG

2006年12月末、高雄(建國路)にて撮影。

日本でも一部に根強いファンがいる(全路線乗車の野望をお持ち
であるとか?ー私自身ではありません)屏東客運であるが、それ
はさておき今回は墾丁列車に投入された(恐らく)新車の画像で
ある。かなりヨーロピアンなスタイルと、側面の丸窓が特徴。

高雄は2年ぶりに訪れたが、今回初めて見かけた。墾丁列車は
四社共同運行体制に移行し、また林辺までは高速道路を経由す
る88快速が設定され30分毎に運行されるなど、着々と時代の
変化に対応している。高雄願景館前にあった國光客運バスター
ミナルも東側へ移転し、スッキリと変わっていた。


posted by asiabuscenter at 23:08| 台北 ☀| Comment(13) | 公路客運(路線バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはGP7500です。
ブログ開設おめでとうございます、無理せず巴士迷さんペースで進めてくださいね。

屏東客運は私を意外な奥地まで連れて行ってくれるので、大変に好きなバスです。願わくば全線乗りつぶしを狙っているのは私だけでしょうか。
今日も屏客は来義の堤防を、シャンタンのマンゴー畑の間を颯爽と走っているのでしょうね。

ではでは、お邪魔しました。
Posted by GP7500 at 2007年02月02日 12:20
GP7500さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。屏東客運を記事にするに当たり、
真っ先にGP7500さんの顔が思い浮かびました。

ローカルバスの割に主要路線は20-30分間隔で運行され、台湾に
しては珍しくバス停に時刻表が掲出されていることが多いなど
ビギナーにとっても乗りやすい反面、枝分かれしたり経由地が
異なる複雑な路線も存在するなど、バス乗りにとってもマニアック
な楽しみを味わえます。

また、おっしゃるように奥地への路線も多く、終点に降り立てば
原住民の集落を垣間見ることができるのも屏客乗りの楽しみの
一つですよね。

GP7500さんの次なる屏客紀行も心待ちにしております。
請多多指教、再会。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年02月02日 23:51
はじめまして、屏東人です。
私は、昔、屏客のフアンでしたが、三地門の水門辺りで、原住民族文化園區行きのバス停が見つけられず、歩いて行ったのと、2000年位に日野の3列シート(商務坐椅)のバスが4列シートに交換されて以来、あまり、魅力を感じなくなりました。
丸窓のバス、恆春の墾丁街車で見かけましたが、これって、3列シートなのでしょうか?
私が屏客で乗りつぶしたのは、雄−鵝鑾鼻、佳樂水、三地ク公所、屏東−東港、屏東−雄くらいしかありません。
それと、墾丁街車ですが、60分毎に間引かれていました。鵝鑾鼻から、港口に行くのに、待っていても、結局、白タクで行かざるを得ませんでした。
というわけで、今は客、興客のファンです。特に、山間部に入っていく路線が好きです。乗りつぶしたのは、甲仙、六龜、寶來温泉、美濃、天池、梅山口、墾丁です。後、藤枝とか、三民とか、梅山村とか行きたいです。
友達で、市公車の乗りつぶしを考えていた人がいましたが、火車站のバスの台数を見て、いやになったと言っていました。
Posted by 屏東人 at 2007年02月10日 20:51
屏東人さん、はじめまして。

屏客の商務坐椅は、はじめて知りました。2000年より前頃に
屏東〜三地門線に運用されていたのでしょうか?詳しく教えて
頂ければ幸いです。

今回取り上げた丸窓のバス、内装は確認できていません。前ドア
下部に「座位37人」と表記してありましたので、
墾丁列車に
多い4列座席と3列座席が混在している配置ではないかと思います。

墾丁街車の運行本数の件ですが、2006年11月に紅線・藍線とも
大幅に減便され、週末のみ60分間隔の運行(平日は運行せず)
になってしまいました。
一方、墾丁〜恒春から海生館に新路線ができ、こちらは毎日
30分間隔での運行です。
http://www.ptbus.com.tw/03/0302a.htm

>藤枝とか、三民とか、
奥地の終点には何か発見があるかもしれません。
乗車されたらまたお知らせ下さい。再会。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年02月11日 14:23
こんにちは、ASIA BUS CENTERさん。
屏客の商務坐椅ですが、多分、この車だと思います。(日野ではなく、いすゞでしたね。)
http://www.freewebtown.com/kaobus/apington5.htm
ネットで見つけました。

6年程、昔なので、記憶が正しいかどうか自信はありませんが、特徴は
1.車体は、少し短め。
2.ドアはプラグドアではなく、90度フロントガラス側へ回る。
3.側窓は薄いスモークのある、2段式。
4.リアの上半分は、鉄板ではなく、ガラスであり、昔は、「歓迎光臨 豪華747商務坐椅」?という自社広告があった。
5.前面と側面の行き先表示は、幕ではなく、プラスチック板。
6.座席は最終列を除き3列。(最終列は4列)
7.座席は、レザーではなく、布。
8.2人掛は中央に肘掛けなし(高客は折りたたみ式のものあり)。1人掛は窓側にも肘掛付。(但し、先頭席だけ、側面の行き先表示板にアクセスできるように窓側肘掛なし)
9.座席は左側が2人掛、右側が1人掛。

ハイグレード車だったので、運用は、高雄−墾丁が主だったと思います。ただ、屏東が車庫だったのか、墾丁から、夜、高雄に着いて、屏東へ向かっていっていたものを見かけました。五福路を過ぎて、信号待ちの間に、前面の表示板を「高雄−墾丁」から「高雄−屏東」に交換し、使わない板は1〜2列目の椅子と壁の間に立てかけてありました。

当時の高雄−墾丁間は屏客の半分位が商務坐椅でしたが、残りは、4列の車でした。
http://www.freewebtown.com/kaobus/apington1.htm
Posted by 屏東人 at 2007年02月11日 21:45
屏東人さん、こんにちは。
レス遅くなりました。リンクの画像は拙サイトからもリンクしている
Boingさんのサイトに掲載されている画像ですね。

私も自分で撮った2000年頃の写真を確認してみたのですが、
該当するバスの写真は撮っていませんでした。

当時は新参の中南客運の方へ関心が向いていたようで、屏客の
商務坐椅を撮っていなかったのが悔やまれます。あの頃は中南が
3列で屏客+高客は4列だとばかり思い込んでいました。

2006年末に林辺→東港の短距離で高客の墾丁列車に乗りましたが、
前部三列、後部四列仕様でした。四社共同運行になったことも
あって、サービス競争&運賃競争が下火になった影響もあるかも
しれませんね。

屏東人さん御自身の、「山間部に入っていく」路線乗車紀の話
など、またお寄せ下さい。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年02月19日 23:00
こんばんわ。ちょっとお伺いしたいのですが、ケイティン列車は、お手洗いは付いているのでしょうか??ご存知でしたら教えて下さい。お願いします!!
Posted by カズ at 2007年07月14日 19:21
カズさん、こんにちは。

墾丁列車には原則としてトイレはありません。
例外的に88快速の國光客運一部便についている
こともあるようですが、これはごく一部とお考
え頂ければと思います。

トイレが心配な場合は、高雄〜枋寮は鉄道を
利用するのも、一つの方法となりましょう。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年07月16日 13:18
屏客とは、関係がありませんが、
YoYoNetを見ると、
興南客運台南-天池、台南-桃源、台南-梅山口自2007年8月12日起停駛
というショッキングな記事が出ていました。
南横公路を路線バスで横断することは不可能になったみたいですね。
私の最も好きな路線だったのですが、玉井を過ぎると、いつも空いていたので、しょうがないかもしれません。
Posted by 屏東人 at 2007年08月12日 22:28
屏東人さん、おひさしぶりです。
興南客運・天池線の件、悠遊網に記事が出て以来
関心を持っておりました。現時点では、興南客運
の公式サイトを見ても何ら発表がなく、時刻表も
玉天線4往復はそのままです。

悠遊網の誤報の可能性も全くないわけではないので、
(つい最近も統聯の台北〜苗栗廃止という誤報があり
ました)もう少々様子をみたいと考えています。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年08月14日 00:38
先日、高雄客運高雄站で佛光山に行くバスを30分
位、待っていたのですが、残念ながら、墾丁行きの
屏東客運には出会えませんでした。

まだ、88高速、東港経由とも本数は多数ありまし
たが、国光、中南、高雄客運とも、3列シート車が
少なくなっており、大半が4列シートにグレード
ダウンされているようでした。待ち時間中に、
88は中南2台、国光1台を見ましたが、全て
4列シートで、むしろ、時間がかかるが、安価な
東港経由に3列シートが多かったです。

海角七號人気で、恒春に人が押し寄せているそう
ですが、休日の夕方とかは、渋滞とか、積み残し
が発生したりしているのでしょうか?

佛光山経由旗山行きは予想通り4列シートで、リ
クライニングが壊れているオンボロバスでした。
Posted by 屏東人 at 2009年01月31日 23:02
屏東人さん、高雄の状況報告ありがとうございます。
>海角七號人気で、恒春に人が押し寄せているそう
>88は中南2台、国光1台を見ましたが、全て4列

墾丁列車の利用者が増えること自体は喜ばしいこと
ですが、4列シートの増殖はいただけませんね。
特に88快速は東港経由よりも運賃が高いので、三列
座席を続けて欲しかったと思います。

所変わって、2008年末の台北〜宜蘭・羅東でも、
葛瑪蘭客運・首都客運とも週末には増発便を多数出す
反面、4列車が多数充当されていました。こちらは、
台鉄というライバルもあるだけに、少々心配です。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2009年02月06日 00:20
海角七號をDVDで見ました。
屏東客運が協力会社になっていましたが、恒春の
街中を走る1台しか見つけられませんでした。
阿嘉が高屏渓をバイクで走っているところあたり
でも入っていれば面白いのにと思いました。

それから、屏東客運の車体カラーですが、冬ソナで
ヨンさまが高校に通うときに乗っていたバスに似て
いると妙に感心したものです。
Posted by 屏東人 at 2009年02月06日 19:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。