2007年03月24日

員林客運で鹿谷へ

鹿谷
鹿谷バス停(郷公所前)にて撮影(2006.12)

鹿谷(ルーグー)、凍頂烏龍茶の里として名高いこの街へ
出かけてみた。
南投県南部に位置するこの街へは、竹山から員林客運バス
で丘陵地帯を登って20分あまりだ。

竹山バスターミナルは、半円形の建物にいくつもホームが
並び、昔懐かしい雰囲気を醸し出していた。ここから鹿谷
へは、渓頭行き、崎頭行き、鳥園行き、廣興行きの何れか
のバスに乗る。合わせて23便と少なくはないが、多いとも
言いがたい本数、運賃は32元である。
この半年あまり員林客運のサイトがみられない状態が続い
ているので、参考のために時刻を記す。なおあくまでも
2006年12月下旬時点のデータなので了承願いたい。

員林客運・竹山站発、鹿谷方面行き時刻表
6:00渓頭, 6:10崎頭, 6:15鳥園,
7:00渓頭, 7:30崎頭, 7:50鳥園,
8:40渓頭,
9:30崎頭,
10:00渓頭,10:30崎頭,
11:40渓頭,
12:00崎頭,12:20渓頭,12:30鳥園,
13:00渓頭,
14:10渓頭,14:50崎頭,
15:40渓頭,
16:00崎頭,16:00鳥園
17:00渓頭,17:40崎頭,
18:20渓頭.
19:00廣興.(金曜のみ運行)






員林客運・鹿谷発、竹山站行き時刻表
6:30,(日祝運休)
7:05,7:10,7:15,
8:05,8:15,
9:45,
10:20,
11:05,11:10,11:20,
12:45,12:50,
13:25,13:30,
14:05,
15:15,15:40,
16:45,16:50,
17:00,
18:05,18:10,18:30,
19:05,19:30.

鹿谷発、台中站行き  14:05.


ラベル:員林客運
posted by asiabuscenter at 21:53| 台北 ☁| Comment(6) | バスの旅(地方) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かし系のボディですね。
台湾の地方を走るバスはかなり上下に揺れるようですが、員林客運の乗り心地はいかがですか?
Posted by ももママ at 2007年03月28日 12:46
この路線は、竹山から省道3号線を東へ2Kmあまりの「延平」という集落から南へ折れて、県道151号線に入るのですが、その途端にグイグイと坂を登り始め、急カーブと急坂の連続でした。

幸い?一番前の特等席にへばりついて、初めて眺める景色を堪能していたために、乗り心地にまでは気が回りませんでした。その後。鹿谷からは凍頂の集落へ、山道をひょこひょこと1時間あまり歩いて登った次第です。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年03月28日 21:11
いつも拝見させていただいてます。

先週、今年初の台湾へ行ってきました。
バスの写真をガンガン撮ってきました。なぜか写真を撮っていると何処にいてもあまり撮らないでくれと言われます。
なぜでしょうか?

そう言えば、台南で國光客運の車両でDAEWOOの9mボディを見ました。
去年と比べて古い車体が段々と見られなくなってきてますね。
Posted by たかま〜 at 2007年03月30日 00:57
たかま〜さん、はじめまして。
写真撮影の件ですが、私の場合は数回だけあります。某社の乗り場を道路越しにバスを入れて撮っていたところ、係員から「何撮ってんの?」といぶかしげに言われましたが、バス愛好者であることと日本人であることを伝えると、笑顔で問題なしとなりました。

また某大手社の(今は無い)サブターミナルで撮っていたところ、小さな街行きのバスを撮っていた当初は問題なかったのですが、「台中」行きを撮ったところ急に係員がやってきて、強い態度で拒否されたことがあります。理由を尋ねたところ「会社の規定だ」と。

このときは直ぐに撮影を中止しましたが、後から考えると、そのターミナルでは台中行きの客扱いをしてはならないが実際は行っていたことを写真に撮られた(と向こうは考えた)からだと思います。

最初に挙げた会社も、正規路線と同じ場所から系列貸切バスによる都市間ツアーバスを運行していた時期があり、それを写真に収めているのでは?と勘ぐられたのかもしれません。

このような一部の例外を除いて、撮影を拒否されたことはありません。あとは安全運行の支障になりそうなことはしないように心がけています。

>國光客運の車両でDAEWOOの9mボディ
今月に入った新車ですよね。台湾人巴士迷の方が撮影されたのを拝見していると、台北〜台中の運用が多い印象でした。たかま〜さんは、台南で御覧になられたとのこと、確かに國光客運は台南では存在感薄いですから、中型車でも充分な程度の利用者しかいないのかもしれませんね。

中型車化による合理化は、一社単独で運行しているローカルバスでならとても有効な対策だと思いますが、台北〜台中・台南のような都市間路線では競合他社に乗客が逸走する結果を招くだけのような気がします。今後の推移に注目ですね。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年03月31日 13:50
なるほど、やはり正規路線ではない路線があると・・・なんですね。
これから気を付けて撮影したいです。(次回は7月に台北に行く予定です)

そういえば、國光客運のDAEWOO9mのナンバーが新型になっているのに今気付きました。
記号のみで台湾省などの文字が入っていません。


Mixiでも日記に撮影してきたバスの画像をアップしています。
Posted by たかま〜 at 2007年04月05日 01:03
新型ナンバーは2007年から実施されたそうです。
台北市内バスの中興巴士に投入された、韓国テウ製の新型バスも数字とアルファベットのみの表記に変わっていたのを写真で確認しました。

新型ナンバーは偽造防止などを目的として実施され、夜間は光に反射するそうです。台湾省・台北市・高雄市の表記は省略されたようですね。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年04月06日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。