2007年05月10日

5/27、片倉佳史さんの講演会

私の友人で台湾在住のフリーランスライター・片倉佳史さんが、
来たる5月27日(日曜)に東京・高輪の港区高輪区民センターで
講演会を開催することが決定した。

「知られざる台湾南部の魅力+片倉佳史の取材メモから」と
銘打ち、先頃開通した台湾新幹線や地方事情、秘境探訪、
ご当地グルメ、原住民族の文化などについて、じっくり語る。
入場は無料だが、事前に主催者への電話申込が必要。

主催
台湾資料センター
03-3444-8724
火曜−土曜 9:00-12:00、13:00-17:30
日曜、月曜、祝日は休み


講演のお知らせ

来る2007年5月27日(日曜日)、台湾在住のフリーランスライ
ター・片倉佳史氏をお招きし、講演会を開催することになりました。
テーマは「知られざる台湾南部の魅力+片倉佳史の取材メモ
から」と題し、台湾新幹線や地方事情、秘境探訪、ご当地グルメ、
原住民族の文化などについてお話ししていだきます。片倉氏は
これまで20冊に及ぶ旅行ガイドブックを手がけ、同時に日本
統治時代の歴史に関する調査を進めておられます。

4月には、まどか出版より『台湾新幹線で行く台南・高雄の旅―
台湾中南部ディープガイド』を刊行。台湾新幹線を初めて取り
上げ、台湾南部の地域事情を詳しく紹介した一冊として好評を
博しております。

会場は都営三田線・東京メトロ南北線の白金高輪駅下車、
徒歩一分の高輪区民ホールです。参加は無料となっておりますので、
ぜひともご来場ください。

テーマ「知られざる台湾南部の魅力+片倉佳史の取材メモから」

講師 片倉佳史(かたくらよしふみ)

日時 2007年5月27日18時から

参加費 無料

申し込み先 台湾資料センター(03−3444−8724 )
※会場は250名まで収容可能です

会場
港区高輪区民センター区民ホール(1F)
東京都港区高輪1−16−25
地下鉄南北線・三田線「白金高輪駅」下車 出口1から徒歩1分
http://www.kissport.or.jp/sisetu/takanawa/index.html

片倉佳史(かたくらよしふみ)

1969年12月、神奈川県生まれ。早稲田大学教育学部教育学科卒業。
1997年より台湾と関わる。台湾に残る日本統治時代の遺構を
訪ね歩き、日台の歴史的関わりについて取材と調査を続ける。
現在、地理、歴史、グルメ、温泉、鉄道などのジャンルで執筆
活動を展開。
著書に『旅の指さし会話帳・台湾』(情報センター出版局)、
『観光コースでない台湾』(高文研)、
『台湾日本統治時代の歴史遺産を歩く』(戎光祥出版)のほか、
『まっぷるマガジン台湾』や『新個人旅行・台湾』(昭文社)など、
数多くのガイドブックも手がけている。
今年4月には『台湾新幹線で行く台南・高雄の旅』(まどか出版)を刊行。
ウェブサイト台湾特捜百貨店 (http://katakura.net/)を主宰。

主催
台湾資料センター
東京都港区三田5-18-12 自由新聞社ビル1階
03-3444-8724(電話)
開館時間: 火曜−土曜 9時− 12時、13 時−17時30 分
日曜、月曜、祝日は休み


posted by asiabuscenter at 18:55| 台北 ☁| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バスで行く場合は、都営バス田87系統が便利。
渋谷駅(東口)〜恵比寿駅(東口)〜白金高輪駅
〜田町駅前を結ぶ。
バス停「白金高輪駅」下車、徒歩2分。

http://tobus.jp/cgi-bin/pcsection.cgi?act=secti&kcd=TE09010601

所要時間は、渋谷から16分。恵比寿からなら8分。
田町からであれば6分と、意外と速い。
日曜夕方は7分間隔で運行されているので、
京浜東北線から田町駅〜都営地下鉄三田と
乗り継ぐよりも却って速いであろう。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年05月10日 20:44
こんばんは〜先日台北ー高雄間のバスについて問い合わせをさせて頂いてたnecoです
台湾満喫の1週間無事に帰国いたしました。
が、せっかく教えていただいたのに、都合上どうしてもバスに乗れずに往復新幹線になってしまいました(><)とっても残念です。
ただし、高雄から墾丁まではしっかりバスを利用しました。かなりドキドキしましたが、とてもいい経験になりました。
また機会があればアロハバスに是非乗ってみたいと思います。ありがとうございましたm(_ _)m
Posted by neco at 2007年05月10日 22:19
necoさん、こんばんは。
台湾旅行満喫されたようで何よりです。
阿羅哈客運は、また次回にでもお試し下さい。

>高雄から墾丁まではしっかりバスを利用
墾丁列車にお乗りになったのですね。三列か四列
座席のバスで、一般道を走る区間が長いですが、
多少ローカルバスの雰囲気も味わえたのではないでしょうか?

これを機会に台湾各地へのローカルバスにチャレンジして、
様々な田舎街の表情を楽しまれては如何でしょう。
ご質問などありましたら、またお気軽にお寄せ下さいね。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年05月11日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。