2007年08月07日

幹線公車にご用心

2006-05-xinyi01.JPG

例外的に本数が多い幹線公車「信義幹線」

台北市内バスには、「幹線公車」という系統が存在する。
1990年代半ばのバス専用道路開通の頃に登場し、一世を風靡して
いた時期もあった。現在も信義幹線をはじめ。敦化、松江、中山、
重慶、和平の各幹線公車が存在する。(南京、忠孝などは廃止さ
れて久しい)

しかし信義幹線と敦化幹線を例外として、
近年これらの幹線公車に実際に乗ったことがあるという方は、
ほとんどいらっしゃらないであろう。

それもそのはず、近年では幹線公車とは名ばかりで、ほとんど
運行されておらず、いわば免許維持路線的に細々と運行されて
いるのが実態なのだ。

以下に運行時間を記すので、物珍しいバス系統が好きな方は
お試しいただきたい。

重慶幹線(光華巴士)平日のみ運行
後港里発:6:30,8:30,15:30,18:30.

重慶幹線(中興巴士)
故宮発:平日 6:00,7:30,9:00,12:00,15:00,16:00,17:00,18:00.
故宮発:休日 8:00,9:00,10:00,12:00,15:00,16:00,17:00,18:00.

中山幹線(光華巴士)平日のみ運行
天母発:6:00,7:30,9:00,16:00,18:00.

松江幹線(中興巴士)
天母発:平日 6:30,7:30,9:00,14:00,16:00,18:00.
天母発:休日 8:00,9:00,10:00,12:00,16:00,18:00.

和平幹線
朝夕のみ12-20分間隔で運行。

例えば、松江路〜新生南路ならば、642、643が事実上の
松江〜新生幹線と言って良いほどに頻繁に運行されている。

敦化北路〜敦化南路であれば、275、906、909.
松山機場所を経由しなくて良いのであれば、285、905、902
などが、それこそ溢れんばかりに運行されている。


posted by asiabuscenter at 01:14| 台北 ☀| Comment(8) | 市公車(市内バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え〜、そうだったんですかあ!
信義幹線と敦化幹線は時々乗りますが、他の幹線バスは乗ったことがありませんでした。
他の幹線バスは少ないのですね。
固定班次という感じですね。
Posted by ももママ at 2007年08月09日 00:14
ももママさん、コメントありがとうございます。
「幹線」という名前から勘違いしてしまう方が
いらっしゃるようなので、問題提起の意味を
込めて書いてみました。

信義幹線に限っては、信義路を走る系統の中で
最も運行本数が多いのですけれど。
バスオフの時に、レアな幹線公車ツアーという
のも、おもしろいかもしれませんね。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年08月09日 01:27
そうなんですか・・・。過日、廸化街の買物の帰り、公園路近くまで行くのに民生路口で重慶幹線を待っていましたが全く来ず、306で中山站まで出て、地下道を歩きました。
ところで、松山路のバスで運転士が「歓迎光臨」と言っていたのにはびっくりしました。コンビにではこの頃よく言っていますが、バスの運蒋では初めてです。
Posted by TM at 2007年08月09日 10:23
TMさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
廸化街→公園路となると、中々良い方法が見当たら
ないですね。私でしたら、延平北路で206か9を待ち
「中華路北站」で下車、東へ歩くといった経路をとると思います。

民生×重慶→重慶南路のバスは「重慶幹線」のみ
なのですね。2-3年前まで大南汽車の重慶幹線が
走っていた頃は、現在の敦化幹線なみの運行本数が
あったのですが.....

>「歓迎光臨」運蒋
以前は考えられないようなことでしたが、首都客運の
運転士などで、見かけることも増えてきたように思います。
また主要停留所などでアナウンスを適宜入れてくれる方
も見かけますよ。

TMさん、またのコメントお待ちしています。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年08月09日 21:08
初めまして、いつも楽しく見させていただいてます。
私は台北に住んでいます。

さて最近発見した珍しいものを書きたいと
思います。

あの銀バス?で有名な大有バスですが、307線に
新車を投入しました。見たところ低ステップバス
です。色はなぜかオレンジです。

現在は”あの”銀バス?と混ざっていますが、
差がすごいですね。。。。
Posted by paprika at 2007年08月09日 23:39
paprikaさん、はじめまして。
書き込みありがとうございます。

大有巴士の新車、台湾人巴士迷の方々のサイトで
写真を見ましたが、驚きの新塗色ですね。
オレンジ色になったのは、首都客運から経営指導を受ける
ようになったことと関係しているのでは?と想像しています。

>現在は”あの”銀バス?と混ざっています
オレンジの新車と銀箱バスの並びを撮影したいですね。
次回の訪台時に、ラッシュ時の南京東路や中華路あたりで
シャッターチャンスを狙ってみたいと思います。

台北在住のpaprikaさんならではのコメントを、
またお寄せ下さい。お待ちしています。、
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年08月10日 21:13
おひさしぶりです。
先週台湾に行ってきましたので、307路線の新旧乗り比べ?を楽しんできました。

オレンジ色の新型車ですが、早速LEDが壊れていたり、ヘッドライトまわりに何かにぶつけたような跡が見られる車両も中にはいましたが、全体的にかなり綺麗になっています。
また、車両数が増加したため、307系統で大有が来ることも多くなったように感じました。

>首都客運から経営指導を受けるようになったことと関係

確かに言われてみますと、車体後部の橙と白の塗りわけが首都客運と逆のようにも見えますね。

拙ブログにも写真を掲載しておきましたので、またご覧いただけると幸いです。
Posted by 日吉 at 2007年08月22日 16:45
日吉さん、早速ブログ拝見しました。
307の最新状況を興味深く拝見しました。

>307系統で大有が来ることも多くなったように感じました。
経営危機による路線整理が行われるまでは、307をはじめ
263、262などの他社との共同運行系統では、大有を見かける
割合は少なくなっていたと思います。263にいたっては、
一度も大有担当便を見たことがないほどでした。
段々と共同運行路線らしく変わってゆくのかもしれませんね。

>大都会に注文流れ品
貴ブログの652路の画像と解説には驚きました。
次回の訪台時には狙ってみようと思います。

日吉さん、またのコメントお待ちしています。再会。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2007年08月22日 19:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。