2007年12月31日

阿羅哈客運、一月は二割引

台北〜高雄などに片側一列座席の豪華バスを運行する阿羅哈客運は、
2008年1月1日07:00〜1月31日23:00に全路線の運賃を二割引とする。

これは同社の成立九周年記念と銘打ってはいるが、高鉄との競争や、
間接的に競合する和欣客運の台北〜高雄(新営乗換扱い)に、14人
乗りシェルフラットシート投入などを受けての対抗策とも考えられる。
阿羅哈客運は、2007年秋に深夜の台北〜高雄を一部台中経由と
するなどの合理化策を打ち出さざるをえなくなってききていた。

いずれにせよ1月中は全線二割引という大盤振る舞いなので、是非
気軽に總統座椅の旅を体験してみてほしい。

台北〜高雄 715元→572元
台北〜嘉義 550元→440元
台北〜台中 385元→308元
高雄〜台中 385元→308元

なお全くの余談であるが、日本でも新宿〜京都・枚方の高速バスが
1月21日〜2月29日に期間限定の運賃割引サービスを実施する。
(日本では)快適な三列座席のバスが5,980円というリーズナブルな
運賃で利用できる。

ケイビーバス
http://www.kanto-bus.co.jp/kb-yakowari/KBバス(京都宇治号)A4オモテ.pdf
京阪バス
http://www.keihanbus.jp/highway/highway_shibuya.html


posted by asiabuscenter at 22:15| 台北 ☁| Comment(2) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
謹賀新年!!
本年も宜しくお願い申し上げます。

長距離バスは競争が激しくて大変ですね。
私も高くても高鉄に乗ってしまいますからね。時間をお金で買っていると割り切っています。ただ、夜間は高鉄も列車が無いわけですし、生き残る手段はあると思いますので頑張ってほしいものです。
Posted by Sumi at 2008年01月01日 01:34
Sumiさん、こちらこそ本年もよろしくお願いします。
高鉄開業で、航空ほどではないにせよ、大都市間の
高速バスは影響を受けているようです。

ご指摘の夜行便もそうですし、高鉄では乗換
が不便な地方の中小都市への路線開拓、また
すでに高鉄台中〜埔里で実現しているような、
高鉄の駅と中小都市を直結する路線などへの
シフトが進むものと思われます。

韓国ではKTX開通以前、ソウル〜釜山には
高速バスが5-10分間隔で頻発していたものが、
2002年頃には約15分間隔に減少。2007年秋の
時点では、約30分(一部時間帯は20分)にまで
激減していました。韓国の場合、高速鉄道と
高速バスの運賃差が小さい(30%程度)ことも
あって、100〜200%もの差がある台湾とは同列
に論じられないものの、特に大都市間においては
高速鉄道へのシフトは進むものと推測されます。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2008年01月01日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。