2008年03月28日

故宮へは【紅30】が便利なのか?

紅30

故宮博物院は台北北部に位置し、MRT士林站からバスで10分少々
を要する。この故宮へのバスは数系統運行されているのであるが、
その内もっとも本数が多いのは255区、そして304がそれに続く。
255路線図
http://www.capital-bus.com.tw/busline/businfo255_1.html

どちらもMRT淡水線士林站の1番出口から高架下を北へ進み、
大通り(中正路)に面した右手のバス停から乗車すれば良い。

このバス停【捷運士林站】からは、ほかに重慶幹線や紅30というバス
も出ている。しかし、重慶幹線は、現在では幹線とは名ばかりで、
一日僅か6往復のみというレアな系統である。
重慶幹線路線図
http://www.csgroup-bus.com.tw/BusImg/20100514151312424.jpg

また紅30であるが、故宮博物院の正門まで登って行くという便利さ
がある一方で、運行本数が極めて少ない。休日こそ15〜20分間隔
であるが、平日に至っては11:00までは30分間隔、昼時(11:00〜14:30)
は45〜60分間隔になってしまう。
紅30路線図
http://www.csgroup-bus.com.tw/BusImg/2010092815531148.jpg

一部の旅行ガイドブックやサイトには、故宮へは紅30がさも便利なよう
に紹介されているが、実情とは異なるので留意していただければ幸いです。

304(重慶)は市内西部の重慶北路を縦断して、西門〜士林〜故宮という
ル−トで運行している。これを上手く活用してみたい。
西門→故宮をMRTで移動するとなると、
【西門(板南線)台北車站(淡水線)士林(バス255、304ほか)故宮】となるが、
特に台北車站での乗り換えに時間を要するほか、道路から改札口へ
そしてホームまでの時間、さらにMRTの待ち時間を加えると、
相当の時間と手間を要する。

304のバスであれば、西門では中華路のド真ん中を走るバス専用道上の
バス停から乗車できる。304は(台北のバスの中では)決して運行本数が
多くはないため、307や265をはじめとする頻発する他系統のバスを
何台もやり過ごさなければならないが、たいてい10分も待っていれば
304番のバスがやってくる。

後は乗り込めば故宮まで一直線だ。重慶北路沿いの旧い市街地の
景色を眺めながらの小さなバス旅で、台北の街の表情を手軽に楽しむ
こともできることであろう。

また市内北部の保安宮からであれば西へ出て、重慶北路の啓總学校から
304(重慶)に乗車すれば、乗り換えなしで手軽に行くことができる。

304路線図
http://www.csgroup-bus.com.tw/BusImg/20100514151245396.jpg

台北はバス路線が充実している。路線図片手に縦横無尽に乗り回して
様々な場所を巡り歩くのも、また旅の楽しみを拡げることでありましょう。
posted by asiabuscenter at 15:03| 台北 🌁| Comment(6) | 市公車(市内バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
来月下旬から始まるGWに、もしかしたら友達が来るやもしれず、そうなったら故宮に行きたがるやもしれず。
というわけで、興味深く拝見しました。

304バスの解説、大変参考になりました。
重慶北路沿いの旧い市街地を見ながら移動するというのはいいですね〜。
Posted by ももママ at 2008年03月29日 23:56
ももママさん、コメント感謝〜です。
是非、御友人にも台北市内バスの魅力を
お伝え下さい。MRTからでは決して味わえない、
地上を走るバスだからこそ見えてくる風景が
きっとあると思います。

重慶北路では、市街地も勿論ですが、路面電車の
如く道路のド真ん中にあるバス停からバスに乗る
のも珍しいですよね。台北在住の方や台湾リピーター
にとっては至極当然のことですけれど、確か
日本では名古屋に一路線あるだけですので、新鮮
な体験になることと存じます。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2008年03月30日 00:40
304系統は確かに楽しいですね。
南京東/西路から円環で乗り換えるときのバス停は分かりにくいので注意が必要です。

故宮に紅30は乗り付けられるのはよいのですが、
下の駐車場から階段を上がるアプローチは故宮の大きさが実感できます。
行きは駐車場から正攻法で入り、帰りは横着して紅30というのが私のお勧めです。
Posted by yutapong at 2008年04月01日 00:28
yutapongさん、コメントありがとうございます。

故宮へは、あの広大な階段を一段ずつ登ってくのも
一つの趣興かもしれませんね。

ところで、最近の高雄は東南客運の機場幹線が突如
廃止になったり、南台湾客運なる新参事業者が登場したり、
動きが激しいようですね。私は高雄へ一年あまり
出向いていないので、浦島太郎になりそうです。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2008年04月03日 22:15
2010年5月時点でも、紅30の運行本数は多くない。
平日は30〜60分毎(ラッシュ時20分毎)
日祝は20〜30分毎(ラッシュ時10-15分毎)である。
特に平日は、255や304で行くのが賢明であろう。

中興巴士公式サイト)
平常日:尖峰20分、離峰30-60分;
例假日:尖峰10-15分、離峰20-30分。
Posted by ASIA BUS CENTER at 2010年05月08日 14:39
2011年4月1日より、815路も利用できるように
なりました。本数は20〜30分毎と多くはありませんが、
255区、304どあわせてご利用ください。

中興大業巴士>最新訪息
>中興巴士815線【三重-故宮博物院】自100年4月1日起正式通車!
http://www.csgroup-bus.com.tw/news/news_show.asp?tbKey=461
Posted by ASIA BUS CENTER at 2011年04月03日 13:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。