2010年02月22日

台北〜台中、運賃引上

國光朝馬站(2008.12)

運賃引上の口火を切った國光客運。朝馬站にて(2008.12)


熾烈な低運賃競争が続く、台北〜台中の高速バス、春節が明ける
今週から値上げラッシュとなりそうだ。

2008年11月から平日割引で80元という破格の激安運賃が提供さ
れていたこの区間も、2009年7月半ばには100元に、同年10月半
ばには統聯、國光の両者が120元へ(和欣は100元に据置)と、
少しづつ引き上げられてきた。

それが、この春節明けより再度の引き上げが実施され、平日割引
では統聯、國光の両者とも120→150元となる。また市内でも中港
や朝馬でも同一運賃が多かったのが、中港や朝馬に関しては据置
となり、台中市内の目的地によって運賃が細分化される。

なお現時点では、和欣客運や阿羅哈客運は運賃引上を表明して
いない。特に三列座席車の平日100元を継続してきた和欣客運が
追随するか否かが焦点となろう。

詳細は、本サイトの高速バス区間別比較研究(台北〜台中)を
ご覧頂きたい。

http://asiabuscenter.fc2web.com/taiwan/bushikaku-2.html
posted by asiabuscenter at 00:15| 台北 ☀| Comment(2) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

【台北西站A棟】供用開始

2010年1月20日、従来の「國光客運台北東站」が生まれ変わり、
「台北西站A棟」として営業を開始する。このバスターミナル
は、台北東站から出発していた國光客運の桃園機場行き、
基隆行きに加え、2009年8月19日以降も國道客運台北總站から
発車していた、桃園県内行きを中心とする各社の路線が移転
してくる。

2009年8月に営業を始めた「台北バスステーション」の容量
不足を補うため、近距離路線専用のサブターミナルとして
建設された経緯がある。

旅行者の利用も多い、國光客運の桃園機場行き乗り場も
当面ここからに落ち着くであろう。 大有巴士の桃園機場
行き(西路ー南カン経由)も、ここから出発することに
なった。

ソース・台北市公共運輸処)
http://www.pto.taipei.gov.tw/ct.asp?xItem=1099039&ctNode=22734&mp=117041

國光客運サイト(図面つき)
http://www.kingbus.com.tw/newscontent.php?news_num=208&page=1

台中や高雄への高速バスが発着する「國光客運台北西站」
は、この機会に「台北西站B棟」と改称された。






運行路線一覧
posted by asiabuscenter at 02:03| 台北 🌁| Comment(1) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

基隆〜羅東線開設

2009年12月23日、基隆と羅東を雪山隧道経由で結ぶ高速バス
路線が開設された。第一便は13:00より運行を開始し、初日に
限り運賃は無料であった。 

國光客運は雪山隧道を走る初めての路線となり、6台の新車を
投入した。また首都客運に合わせて、悠遊カードでの運賃支払
に対応するための読み取り機を導入した。

首都客運プレスリリース
http://www.capital-bus.com.tw/news/2009/12/23/news-981223.html

國光客運プレスリリース
http://www.kingbus.com.tw/newscontent.php?news_num=217&page=3

路線図・運賃表・時刻表など(首都客運)
http://220.128.122.55:81/bus_info/bus_info_1.html

路線の概要
posted by asiabuscenter at 02:45| 台北 🌁| Comment(3) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

葛瑪蘭客運、増便を実施

200812-kamalan01.JPG
2008年12月、板橋バスターミナルにて

台北と宜蘭を北宜國道を経由して直結する葛瑪蘭(カマラン)
客運は、2009年11月6日から増便を実施した。同社は2007年
11月15日に新規参入を果たして以来、着々と増便・増車を
進めてきており、すっかり定着したようだ。なお本年の夏休
みには全線100元セールを実施したり、営業面の工夫も行われ
ている。

この区間では同社と首都客運が競合しているが、首都客運は
2008年7月1日に116往復のダイヤへ増便してからは足踏み状態
が続いており、今回のダイヤ改正で宜蘭方面→台北で156便を
運行する葛瑪蘭客運が、運行本数での比較優位を確実にした。
特に礁渓→台北でその差は顕著で、首都客運の47本に対して
葛瑪蘭客運は76本を数え圧倒している。

葛瑪蘭客運は板橋高速バスターミナル始発、台北バスステー
ション、復興南路経由の運行が基本形であるが、台北始発便の
設定や環東大道経由で復興南路に停車しない便が設定される等、
その系統は複雑になった。ここでは、台北バスステーションと
礁渓・宜蘭・羅東の間に的を絞って分析したい。

葛瑪蘭客運の運行本数
posted by asiabuscenter at 00:01| 台北 ☁| Comment(2) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

桃園機場行き國光号、台北西站発に変更

2006-05 Taiipeiwest01.JPG

本日10月27日(火)より、國光客運の桃園機場行き乗り場が
台北西站11番発に変更される。これまで桃園機場行きが出発
していた台北東站の工事に伴い、約2ヶ月半の予定で一時的に
移転する。 旅行者で利用する方も多いと思われるので、充分
に注意されたい。

同時に基隆行きも台北西站12番発に変更されるが、こちらは
今後とも台北西站からとなる。

國光客運サイト)
http://www.kingbus.com.tw/newscontent.php?news_num=208&page=3

追記)桃園機場行き11番乗り場はターミナル内にあるが、基隆
行きは、乗車券を窓口で購入したあとターミナル外へ臨時に
設けられた12番乗り場から乗車することになる。(2010.1.9)
【情報提供:片倉佳史氏】 ありがとうございました。

中文
posted by asiabuscenter at 00:45| 台北 ☁| Comment(0) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。