2010年01月10日

台北西站からの基隆行き

現在、國光客運の基隆行きと桃園機場行きは台北西站から
発車している。その貴重な画像を入手したのでお目にかけたい。

katakura0912-12.jpg

國光客運台北西站基隆行乗場。(片倉佳史氏撮影)


2009年10月より元國光客運台北東站は、改装工事を実施して
いる。これは、桃園県や台北県への高速バス路線が発着する
新しいバスターミナルを建設するためで、元来台北東站から
発車しており現在は臨時に台北西站から発車している基隆、
桃園機場の両路線が移転する計画だ。

 さらに8月の台北バスステーション開設後も収容しきれずに
台北高速バスターミナル発車を継続している、桃園県と台北
県への路線
が移転する。國光客運が運行する桃園、中歴、金山
などの各路線はもちろんだが、同地域への他事業者も入る計画
になっており、汎航通運の林口長庚医院や、三重客運の林口
観音寺、さらに大有巴士の桃園機場(西線)も移転し、その
名も【台北一日生活圏バスターミナル】として今月下旬から
来月にかけて開業する予定だ。

 この年末年始に訪台が叶わなかった私にとって、うれしい
お年玉となった。貴重な写真を当ブログへ掲載することを快諾
下さった片倉さんに、あつく御礼を申し上げたい。
posted by asiabuscenter at 00:08| 台北 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

夜行バスで南台湾へ

200812-hoshim07.JPG

ご覧の皆様、本年も本ブログをよろしくお願いします。

2010年初の記事は、夜行バス活用法についてお送りします。
台湾の都市間移動に高速バスを使いこなしていらっしゃる
方には自明のことばかりであるが、興味のある方はおつき
あいください。

昨年、数名の方から台北から南へ行く夜行バスについての
質問を頂いた。その内容は多岐に亘るものの、多かった例
を挙げてみる。

1、当日チケットを買えるのか?
2、本当に24時間運行なのか?(午前2時台、3時台の便は
あるのか?)
3、桃園空港から直接南部へ行くバスは無いのか?

続きを読む
posted by asiabuscenter at 15:10| 台北 ☔| Comment(8) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

大有巴士、機場〜台北線

0812-airbus26201.JPG

大有巴士、市内バス無料乗車券をサービス

いささか旧聞ではあるが、3月18日より桃園機場から台北市内行き
の片道乗車券を窓口で購入した場合に、市内バス無料乗車券が
贈呈されるサービスが実施されている。同社の市内路線には、
212直、307(大有巴士限定)、262(大有巴士限定)、257など
の利用する機会が多い路線もあるので、上手に活用されたい。

<如板橋商圈>とあるので、おそらく二段(30元)乗車しても
良い のではないかと推測される。

◎免費轉乘券方案◎(98/3/18日起)
本公司自即日起(3/18),凡於桃園機場(一、二航站櫃檯),
購買Airbus大有巴士『機場─台北』單程票之乘客,
即可獲得『大有巴士台北市區聯營公車免費轉乘券』乙張,
一票到底免費轉乘至台北縣市各大觀光景點、捷運站
(如板橋商圈、西門町、忠孝SOGO商圈、中正紀念堂、國父紀念館等)

詳情請參考本公司市區公車路線或撥打免付費專線洽詢
*注意*請認明大有巴士才享有此免費轉乘優惠喔^^

資料来源)スクロールして下部を参照されたい。
http://203.204.0.173/

200812airbus-001.JPG

オレンジ色に変わった桃園機場〜台北西線の新車

また2008年秋頃より、桃園機場〜台北西線にオレンジ色の
車輌が投入され、従来の青系塗色とは全く異なる印象を受ける。
2008年末に観察したところ、西線はオレンジ色のみになった
模様だ。 なお東線に関してはオレンジ色と従来の青紫色の混合、
さらに板線線や台北〜台中線は従来車を運用しているようだ。

2008年12月25日に運行時刻が改訂され、ほぼ20分間隔への
増便が実施されたほか、南カンを経由しない【直達車】も
設定されている。

時刻表(台北高速バスターミナル発)
4:35〜(20分間隔)〜11:55、
12:25、12:55、
13:15〜(20分間隔)〜16:15、
16:30〜(15分間隔)〜19:15、
13:35〜(20分間隔)〜21:55、
22:25、22:55.

【直達車】は、上記の内4:35〜15:35の間に、一本おきに
運行(約40分毎)。運賃は90元。(台北〜南カンは50元)

増便が実施され、市内バス乗車券もサービスされるように
なった大有巴士を、あなたもおためしあれ。
posted by asiabuscenter at 23:56| 台北 ☁| Comment(7) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

高速バス事業者の規模

200812-ubus01.JPG

最大手はやはり統聯客運であった。

台湾では現在約40事業者が高速バスを運行している。
しかし、その中身は台湾西部に緻密な路線網を持つ事業者
から一路線のみを細々と運行する事業者に至るまで様々である。

先日、公的な比較的信頼性の高いサイトから情報を得られた
のでまとめてみた。

電子公路監理網
https://www.mvdis.gov.tw/

このサイトでは、各事業者の本社所在地別に高速バスの車輌数、
全事業の従業員数、全車両のナンバー(購入年も)がわかる。
全部で38事業者が掲載されており、なぜか巨業交通は無かった。

以下に各事業者別の車輌台数を掲載する。便宜上、規模別に
五区分を試みた。大手は2事業者、準大手(車輌数100台以上)
は4事業者、中堅(30台以上)は13事業者、小規模(10台以上)は
9事業者、零細(10台未満)は10事業者となった。
(休止中の豊榮客運を含む)

これを見て分かることは、大手二社の規模が突出していること。
また(一部で根強く誤解されているようだが)最大手は國光客運
ではなく、やはり統聯客運であることだ。

また和欣客運が躍進を遂げた反面、阿羅哈客運の成長が停まって
しまったことや、度々死傷者を出す事故を引き起こして台北〜高雄
の事業免許を取り消された建明客運(飛狗狗士)はやはり縮小
傾向にあったことなどが見て取れる。雲林県各地と台北を結ぶ
路線に特化した日統客運が意外と大きいことも明らかになった。


宜蘭への高速バスが好調で増便を続ける葛瑪蘭客運は、50台に
まで増車していたことや、首都客運も他の路線も含めて68台に
まで成長したことがわかった。この二社は有望なこの区間を
担当することで、今後も大きく成長することが期待されよう。


それでは、以下に事業者別の車輌数を記載する。
posted by asiabuscenter at 17:41| 台北 ☁| Comment(6) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

和欣客運・豪華經濟艙

ho-hsin-02

2008年末のある日、和欣客運が台北〜台中に12月11日から運行
を開始した【豪華經濟艙】に乗車してみた。和欣客運といえば、
2000年3月に台北〜台南に運行を開始して以来、ニ列座席の
超豪華バス【總統座椅】の運行事業者としての印象が強い。

高速鉄路が開業し、その後大幅に運行本数を増やしてからは、
高速バスの乗客も若干の減少傾向にある。台北〜台中では2008
年春の時点で8つの事業者グループが凌ぎを削っていたが、
その内、2008年夏に尊龍客運が退出するなど、状況は厳しい。

台北〜台中で總統座椅を運行する事業者は、和欣客運のほかに
阿羅哈客運、尊龍客運であったが、尊龍は退出、阿羅哈は全便を
台北〜高雄、台北〜嘉義線の一部便が台中を経由する運行形態
に変更し、後ろ向きの対策を打った。

和欣客運は、これまで統聯客運の寡占状態にあった、割安な
三列座席市場に活路を求め、経年車を三列座席に改装して、
新たな市場の開拓に打って出たものである。



台北→台中(朝馬)に乗車
posted by asiabuscenter at 21:55| 台北 ☁| Comment(7) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。