2007年03月10日

和欣客運の三列座席車

no-title

台北〜台南などに片側一列座席の豪華バスを運行することで知られる同社であるが、一部路線に三列座席車を投入し始めたようだ。2006年12月に訪台した際に撮影した写真を整理していたところ、車体側面に「椅座排三視電晶液人個」と書かれた車輌が存在していたことに気がついた。(窓下の黄色い帯の部分)

何れも嘉義または高雄で撮影しており、前面窓ガラスには高雄嘉義と書かれたボードが掲げられていることから、この区間に投入されたようだ。とはいえ従来通り總統座椅の車輌も見かけてはいる。

写真の717-FCは嘉義車站で撮影したが、ほかに708,710,722も33人乗りの三列座席に改装されていた。気になるのは、嘉義〜高雄はもともと260元という鉄道の自強号とさして変わらぬ高運賃である上に三列化したとあっては、利用者離れを招かないのかいささか心配である。高雄〜嘉義で同社を利用されるつもりの方は留意されたい。

東京海上日動の海外旅行保険 ご出発当日でも成田空港で加入できます
ラベル:和欣客運
posted by asiabuscenter at 20:31| 台北 🌁| Comment(2) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

飛狗巴士、竹東線運行再開?か

久々に飛狗巴士のホームページをチェックしていたところ、竹東
線が復活していることに気がついた。2006年春頃に同社ページ
から突如竹東線が削られ、元々運行本数の少ない路線であった
のでてっきり廃止されたものとばかり誤認していた。

飛狗巴士HPの竹東線路線図にリンクしています。
http://freego.southeastbus.com/images/route8.jpg

この路線図から、松江路では公車専用道上のバス停に停車する
ようになったことが読み取れ、明らかに運行休止前とは違って
いる。運行本数は僅かに1日6往復、運賃は115元である。

台北発 7:00, 9:00, 11:00, 13:00, 15:00, 17:00.
竹東発 6:00, 7:00, 10:00, 12:00, 14:00, 16:00.

台鉄内湾線休止をニラんでの戦略なのであろうか....
ラベル:飛狗巴士
posted by asiabuscenter at 23:40| 台北 ☁| Comment(4) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

飛狗巴士、中歴線

freego-2006-12-01.JPG
昨年末、死傷事故を起こし台北〜高雄が免許取り消しとなった
飛狗巴士であるが、同社の短距離路線である台北〜中歴線に、
高雄線で使われていた車輌が充当されていた。

元々台北〜中歴線は短距離ということもあって、4列座席の経
年式車が充てられていたが、この高雄線用の車をはじめ様々な
車輌が投入されるようになり、バラエティ豊かになっている。

続きを読む
posted by asiabuscenter at 23:55| 台北 🌁| Comment(0) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

福和客運の韓国・キア(起亜)製 高速バス

fuhe-2006-12-kia01.JPG

年末の台湾旅行中、数年ぶりに基隆へ行ってみた。
第一の目的は、首都客運の高速バス(基隆〜台北美麗華)に
乗車することであったのだが、その際に偶然珍しいバスを撮
影することが出来た。

福和客運の基隆〜台北(公館〜行天宮)線に、僅か1台のみ
投入されている、韓国・キア製の高速バスである。昨年秋に
台湾人巴士迷の方がHPに掲載されているのを見て、その無
骨なスタイルに一度は見てみたいと思ったものの、遭遇する
確率の低さに半ば諦めていた。

この路線は、基隆を出ると中山高速からフォルモサ(第二)
高速へ進み、台北市内では公館から新生南路→松江路へと北
上して行天宮に至り、その後は中山高速を経由して基隆へ戻
るという独特な経路を走る。
台北市内では北上する一方通行のみというのも、非常にユニ
ークだ。なお運賃は45元均一である。

また、基隆の乗り場が変更されていたたことに気がついた。
以前は歩道橋の手前にある、基隆客運乗り場に隣接した所に
バス停があったのだが、現在は基隆火車站を背にして左手か
ら出るようになっていた。
なお前述の首都客運も福和客運バス停からさらに左(北)よ
りにバス停がある。

fuhe-2006-12-kia02.JPG

この路線の車輌は、数年毎に大きく変動している。当初は
台汽・中興号の中古車を用い、側面にデカデカと基隆⇔台北
と書いていたが、後に前面を現代風に改造し、塗色も真っ赤
なairbus色とした。この車は現在でも一部運用されているほ
か、基隆〜板橋縦貫線(省道経由)でもみかけることがある。

2006年頃からは、運行休止中の台北〜花蓮線に運用していた
スーパーハイデッカーを座席を四列化して投入しており、45元に
しては豪華な感覚を味わうことが出来る。

福和客運は、経営危機に瀕している大有巴士の傘下にあり、
新車を買うことも厳しい状況にあろう。その中で高速バスと
しては台湾唯一のキア製バスを購入するに至った経緯を想像
すると興味が尽きない。

fuhe-2006-12-kia03.JPG
posted by asiabuscenter at 23:54| 台北 🌁| Comment(0) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。