2011年01月02日

和欣客運、市内バス事業に参入

拙ブログをご覧の皆様、2011年もよろしくお願い申し上げます。

2011年初は驚きのニュースからお届けしたい。台北〜台南を
中心に都市間バスを運行する和欣客運が、台中市内バス事業
に新規参入を果たしたのである。
http://www.ebus.com.tw/news/news_show.asp?news_id=492

これは、台中市政府が主導して運行を行う【台中市幹線公車】
の内、一路線(54路)を同社が受託したことによる。

和欣客運が運行を担当する54路は、市西部の黎明路を南北に
運行する区間が長いことから、【黎明幹線】とも称される。

路線の南端は高鉄台中駅から東へ約2キロ離れた明道中学だ。
烏日区公所からは黎明路を北に直進する。すぐにビール工場
を経て、僅かに老街が残る南屯を経由し、都市間バスターミ
ナルが軒を連ねる【朝馬】の西側をかすめて、逢甲大学へ。

その後、進路を変え台中隋一の環状道路である文心路に入り、
かつて飛行場があった水楠からは中清路に入って北西へ進み、
大雅インターチェンジの手前で終点となる。ここは中清ターミ
ナルと呼ばれる、小さな都市間バスターミナルがある地点だ。

昨年のTTJ時代にも54路は存在し、黎明路を中心に運行して
いたが、大きな違いは台中客運が運行していたことだ。
同社は、本年の台中市幹線公車の運行を担当しておらず、
様々な条件面で市政府交通局と折り合いを付けることが
叶わなかったのであろう。

運行区間も昨年よりは大幅に延長されており、黎明路の南端は
南屯付近で打ち切られていたものが烏日までの直通が実現して
いる。文心路から水楠〜中清方面も今年から延長された区間で、
利用者の増加に結びつくか注目される。

54路路線図(和欣客運)
http://www.ebus.com.tw/54/route.html
54路路線図(台中市政府交通局)
http://www.traffic.taichung.gov.tw/files/m/54-01.jpg

続きを読む
posted by asiabuscenter at 23:58| 台北 ☁| Comment(4) | 市公車(市内バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

台北に【新幹線】第二弾が登場

6月11日15:00、台北に二番目の新幹線が登場した。
「新幹線」とは、2008年3月にすでに運行を開始した「忠孝新幹線」
に続くもので、全車ノンステップバスを投入するのが特色。
車輌は、中興巴士・光華巴士が、中国福建省アモイの金龍製を
導入したのに対し、今回の首都客運が運行する「信義新幹線」は
韓国のテウポス製の車輌を導入している。
台北市政府交通局プレスリリース)
http://www.dot.taipei.gov.tw/newch/showmsg.asp?hnEntrySN=5916&thin_item=1



続きを読む
posted by asiabuscenter at 20:53| 台北 ☁| Comment(0) | 市公車(市内バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

台南市内バスに新路線

2008年4月20日、台南市内バスで三つの新路線が運行を開始した。
市内を大回りに循環する0右、その逆回りの0左。そして15の
三系統である。何れも6:00〜22:00の間に約30分間隔で運行され、
朝7:30以前と、夕方16:00〜18:00発は20分間隔に増便される。

0番の経路であるが、台南駅前市内バスターミナルを起点として、
右は時計回り、左は反時計回りに循環する、従来にない路線だ。
左右両方向に設定されたのも、台南市内バスとしては異色の経路
である。

なお半年間(〜10/19)は新路線に限り運賃無料になる。

主な停車地と経路
【0右】火車站ー(北門路・開元路)ー開元ー(長榮路)ー長榮女中
ー(林森路)−竹渓寺ー(健康路)ー西門路口ー(金華路)ー
中國城ー(金華路・臨安路)ー民徳國中ー(公園路)−火車站
【0左】
0右の逆回り

0右路線図
http://ebus.tncg.gov.tw/TNWeb/RouteStopInfo.jsp?routeId=10451

0左路線図
http://ebus.tncg.gov.tw/TNWeb/RouteStopInfo.jsp?routeId=10450

資料来源
posted by asiabuscenter at 21:15| 台北 ☔| Comment(0) | 市公車(市内バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

故宮へは【紅30】が便利なのか?

紅30

故宮博物院は台北北部に位置し、MRT士林站からバスで10分少々
を要する。この故宮へのバスは数系統運行されているのであるが、
その内もっとも本数が多いのは255区、そして304がそれに続く。
255路線図
http://www.capital-bus.com.tw/busline/businfo255_1.html

どちらもMRT淡水線士林站の1番出口から高架下を北へ進み、
大通り(中正路)に面した右手のバス停から乗車すれば良い。

このバス停【捷運士林站】からは、ほかに重慶幹線や紅30というバス
も出ている。しかし、重慶幹線は、現在では幹線とは名ばかりで、
一日僅か6往復のみというレアな系統である。
重慶幹線路線図
http://www.csgroup-bus.com.tw/BusImg/20100514151312424.jpg

また紅30であるが、故宮博物院の正門まで登って行くという便利さ
がある一方で、運行本数が極めて少ない。休日こそ15〜20分間隔
であるが、平日に至っては11:00までは30分間隔、昼時(11:00〜14:30)
は45〜60分間隔になってしまう。
紅30路線図
http://www.csgroup-bus.com.tw/BusImg/2010092815531148.jpg

一部の旅行ガイドブックやサイトには、故宮へは紅30がさも便利なよう
に紹介されているが、実情とは異なるので留意していただければ幸いです。

304の活用法
posted by asiabuscenter at 15:03| 台北 🌁| Comment(6) | 市公車(市内バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

東南客運、高雄市内バスに参入

いささか旧聞ではあるが、2007年12月1日より、建明客運グループの
東南客運が、高雄市内バス事業に新規参入を果たした。

路線は37、81、248、機場幹線の4路線で、何れも高雄市直営の市バス
から引き継いだもの。248と機場幹線の両路線は、約15分間隔で運行
される。

高雄市公車プレスリリース
http://www.khbus.gov.tw/aause/NewsInfoDetail.jsp?newsId=541

以前、拙ブログでもお伝えしたように、すでに同社は2007年4月1日より
高雄市内バスを受託運行する形で参入していたが、正式な市内路線バス
として再スタートを切ることになったものである。
http://asiabuscenter.seesaa.net/article/38260561.html

東南客運公式サイト
(番号をクリックすると、路線図が見られます)
http://www.southeastbus.com/k_1.html

高雄の市内バスは、MRT開業を目前に控え大規模な路線再編が計画
されており、さらなる新規参入事業者の登場など今後の動きが注目される。
posted by asiabuscenter at 18:02| 台北 ☀| Comment(2) | 市公車(市内バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。