2007年12月31日

阿羅哈客運、一月は二割引

台北〜高雄などに片側一列座席の豪華バスを運行する阿羅哈客運は、
2008年1月1日07:00〜1月31日23:00に全路線の運賃を二割引とする。

これは同社の成立九周年記念と銘打ってはいるが、高鉄との競争や、
間接的に競合する和欣客運の台北〜高雄(新営乗換扱い)に、14人
乗りシェルフラットシート投入などを受けての対抗策とも考えられる。
阿羅哈客運は、2007年秋に深夜の台北〜高雄を一部台中経由と
するなどの合理化策を打ち出さざるをえなくなってききていた。

いずれにせよ1月中は全線二割引という大盤振る舞いなので、是非
気軽に總統座椅の旅を体験してみてほしい。

台北〜高雄 715元→572元
台北〜嘉義 550元→440元
台北〜台中 385元→308元
高雄〜台中 385元→308元

なお全くの余談であるが、日本でも新宿〜京都・枚方の高速バスが
1月21日〜2月29日に期間限定の運賃割引サービスを実施する。
(日本では)快適な三列座席のバスが5,980円というリーズナブルな
運賃で利用できる。

ケイビーバス
http://www.kanto-bus.co.jp/kb-yakowari/KBバス(京都宇治号)A4オモテ.pdf
京阪バス
http://www.keihanbus.jp/highway/highway_shibuya.html
posted by asiabuscenter at 22:15| 台北 ☁| Comment(2) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

統聯客運、705番運賃値上げ

2008年1月1日より、桃園機場と高鉄桃園を直結する
統聯客運の705番は、運賃を値上げすると発表した。

従来の20元から30元に変更される。
利用される方はご留意ください。

http://www.ubus.com.tw/news/news.asp?aaa=167
posted by asiabuscenter at 21:04| 台北 🌁| Comment(7) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

北宜高速バス開業

トンネルが完成し高速道路が開通しても、大型バスの
通行が認められなっかた北宜高速に、いよいよ本日から
高速バスが運行を開始する。運行は【葛瑪蘭客運】という
宜蘭の新規参入事業者が行う。なお首都客運は12月中に
開通する予定。

葛瑪蘭客運サイト
http://www.kamalan.com.tw/

台北側では板橋バスターミナル、台北高速バスターミナル、
復興南路(和平東路の南)に停車。

宜蘭側では、礁渓、宜蘭(西口南側)、羅東(駅裏側東口)
などに停車する。15-20分間隔で運行するほか、深夜は1時間
に一本ではあるが、24時間運行を実施する。

本日から一週間程度、開業記念として100元で乗車できる。
通常運賃も礁渓129元、宜蘭155元、羅東160元と、台鉄とは
比較にならない安さであるばかりか、所要時間も60-80分と
速い。各駅停車のほか、宜蘭と羅東へは、各々直行便も設定
される。

座席は三列座席の33人乗り、長大な雪山トンネルを通ること
から防火対策などを施した新車が投入される。時刻表と本数
posted by asiabuscenter at 00:39| 台北 ☀| Comment(10) | 國道客運(高速バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

飛狗巴士、機場線を値上げ。

飛狗票140元

台北〜桃園機場にエアポートバスを運行するバス会社の一つ
である建明客運(飛狗巴士)は、2007年10月頃より運賃
引き上げを実施した。新運賃は5元引き上げられ140元となった。

飛狗運賃表

なお同時期に台中〜桃園機場の運賃も改定され、台中市内まで270元。
中清までは250元に引き上げられている。

2007-10-freego-01.JPG

画像は2007年10月、長春松江路口付近にて撮影。同社の空港行きは
この付近では道路中央のバス専用道を走行し、乗車もバス専用道上
のバス停で行うのが特色。なお運賃は、市内最後の停留所である
行天宮で係員に支払う。


【24時間・365日】稼動中!海外航空券オンライン予約サイト
posted by asiabuscenter at 21:14| 台北 ☀| Comment(6) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

307に首都客運色が登場

台北客運・首都

台北市内でもっとも運行本数が多いこの系統では、
最近変化が著しい。今夏には大有巴士が沈黙を破って
オレンジ色の新車を一挙に投入し話題を呼んだが、
10月7日頃より、共同運行会社の台北客運が斬新な
色の新車を投入した。

首都客運と同一塗装の車が導入されており、一瞬目を
疑うが、窓下の社名表記は「台北客運」となっている。
なお同社サイトにも、この新塗色のバスが掲載されは
じめ、今後この色に変わってゆくものと思われる。
http://www.tpebus.com.tw/


秋の連休や年末年始の旅は、「エコ割」で早めの予約が断然おトク!
posted by asiabuscenter at 21:22| 台北 ☀| Comment(0) | 市公車(市内バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

台湾黄昏地帯、日本での頒布始まる

先月お伝えしたユニークな書籍、台湾黄昏地帯の日本での頒布
が始まりました。
拙ブログの記事)
http://asiabuscenter.seesaa.net/article/51028823.html

この本は日本人の著者が台湾で出版した書籍であることから、
日本の書店では入手できませんでしたが、この度注文受付を
開始しました。本文は中文(中國語)ですが、豊富な写真と漢字が
並ぶ文章から伝わってくる雰囲気を味わってみてください。

詳細やお申し込みは以下のリンクをご覧下さい。
http://www.ilha-formosa.com/store.htm

posted by asiabuscenter at 22:39| 台北 🌁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

桃園・中歴市内バス18元に

2006-12-chungki01.JPG

桃園〜中歴を走る中歴客運市公車1路

2007年9月1日より、桃園県内の市内バス運賃が15元から
18元に引き上げられた。
これにより桃園市内・中歴市内バスの運賃は18元となった。


続きを読む
posted by asiabuscenter at 18:11| 台北 ☁| Comment(4) | 市公車(市内バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

高鐵快捷(高鐵台中〜日月澤)

南投客運は2007年9月1日より、高鐵台中〜埔里〜日月澤に
新路線を開設する。時刻・本数・運賃などは現時点では
発表されていない。

本年1月に高鐵が開通して以来、私にも高鐵台中と日月澤を
直結するバスはないかと、何度かお問い合わせを頂いていた。

この路線の開通によって、台北や高雄から日月澤へのアクセス
は大幅に向上する。御覧の皆さんにもご活用頂ければ幸いです。

http://www.ntbus.com.tw/


海外格安航空券の空席と、海外格安ホテル空室情報がすぐわかる!


posted by asiabuscenter at 01:49| 台北 ☁| Comment(12) | 台湾バスニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

知本火車站〜知本温泉

台東県の知本温泉へ行くバスは、台東市内中心部の旧駅跡
から徒歩5分の鼎東客運(山線)ターミナルから出ている。

このバスが7月23日の時刻改定から、台鉄知本火車站へ乗り
入れを開始し、高雄や花蓮・台北などから鉄道を利用して
乗り継ぐのが便利になった。
http://ett333023.com.tw/page3_14.htm


鉄道との接続時刻表
posted by asiabuscenter at 21:53| 台北 ☔| Comment(2) | 公路客運(路線バス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

台灣黄昏地帶

台湾在住の皆さんへお知らせです。

この度、さとうきび鉄道に関する本が台湾で出版されました。
『台灣黄昏地帶−兩個日本鐵道迷的台灣旅遊筆記』との題で、
二人の日本人鉄道ファンが幾度も台湾へ、特に中南部へ足を
運んで撮影した写真と文章で綴られています。

続きを読む
posted by asiabuscenter at 13:21| 台北 ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。